鋼製ボイラーの安全弁について 【公表問題 平成26年後期】

2級ボイラー技士講座
http://elearning.co.jp/?page_id=9726

問38 鋼製ボイラー(小型ボイラーを除く。)の安全弁について、法令上、誤っているものは次のうちどれか

(1)伝熱面積が100m2以下の蒸気ボイラーには、安全弁を1個備えなければならない
(2)貫流ボイラー以外の蒸気ボイラーのボイラー本体の安全弁は、弁軸を鉛直にしてボイラー本体の容易に検査できる位置に直接取り付けなければならない
(3)貫流ボイラーに備える安全弁については、当該ボイラーの最大蒸発量以上の吹き出し量のものを過熱器の出口付近に取り付けることが出来る
(4)過熱器には、過熱器の出口付近に過熱器の温度を設計温度以下に保持することが出来る安全弁を備えなければならない
(5)水の温度が120℃を超える温水ボイラーには、安全弁を備えなければならない。



2級ボイラー技士 講座

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングコンテンツby.中村ブログ投稿0 Comments2016.12.18
記事の投稿者
中村 ブログ投稿

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。