アンチパスバック方式はIDの状態を記録し,入室済みのIDでの再入室, 退室済みのIDでの再退室を規制するものである。IDカードを用いた入退室管理システムを導入した部屋の利用制限について,アンチパスパック方式を導入することで実現できることはどれか。(ITパスポート 過去問演習講座)

ITパスポート 過去問演習講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/i/0/1908/915/

アンチパスバック方式はIDの状態を記録し,入室済みのIDでの再入室, 退室済みのIDでの再退室を規制するものである。IDカードを用いた入退室管理システムを導入した部屋の利用制限について,アンチパスパック方式を導入することで実現できることはどれか。

ア 定められた期間において,入退室回数が一定の回数を超えると入室できなくする。

イ 他人の入室に合わせて,共連れで入室すると,自分のIDカードを使用しての退室をできなくする。

ウ 当日出社していない同僚から借りたIDカードを使用しての入室をできなくする。

工 入室してから一定時間経過すると退室できなくする。



ITパスポート 過去問演習講座


Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングコンテンツby.中村ブログ投稿0 Comments2017.04.06
記事の投稿者
中村 ブログ投稿

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。