筋組織に関する問題1【登録販売者・理解度チェック】~2章より~

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座「2-16 筋肉」より

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座「2-16 筋肉」より

———————————————————————————
問題
筋組織に関する以下の記述において、正しい組合せをえらべ。
———————————————————————————

a 筋組織は、筋細胞(筋線維)のみからなる。

b 骨格筋の疲労は、運動を続けることでエネルギー源として蓄えられているブドウ糖が減少し、酸素や栄養分の供給不足が起こるとともに、ブドウ糖の代謝に伴って生成する乳酸が蓄積して、筋組織の収縮性が低下する現象です。

c 心筋は、不随意筋であるが、筋線維には骨格筋のような横縞模様があり、収縮力は弱い持久力がある。

d 平滑筋は体性神経系に支配され、消化管壁、血管壁等に分布し、比較的強い力で持続的に収縮する特徴がある。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 誤 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 誤

———————————————————————————
答え
5番
———————————————————————————

<アフロ先生の講義より「解説」をピックアップ>

a 誤。筋線維と結合組織、つまりスジです

b 誤。ブドウ糖ではありません、グリコーゲンですよ。エネルギー源として筋肉に蓄えられているのはグリコーゲンです。これはブドウ糖がグリコーゲンだったら正しい文章ですね。そこだけが間違っています。

c 誤。心筋は、不随意筋であるが、筋線維には骨格筋のような横縞模様、つまり横紋があり、収縮力は弱くないです、収縮力が強いうえに持続力もあるのが心筋の特徴ですからね。
前半正しいですよ、横縞模様がありまで正しいですけどね、収縮力も強く持久力もあるのが心筋の特徴です、なので×。

d 平滑筋は体性神経系、運動神経のことですよね、に支配され、この時点で×です。
平滑筋は自律神経系に支配され、です。
消化管壁、血管壁等に分布し、これ正しいですね、比較的強い力、これ間違ってます、比較的弱い力で持続的に収縮する特徴があります。
正しい文章は、平滑筋は自律神経系に支配され、消化管壁、血管壁等に分布し、比較的弱い力で持続的に収縮する特徴がある、なので×です。

誤、誤、誤、誤で答えは5番です。

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

・アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
( http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80 )の
第2章人体の働きと医薬品「2-16 筋肉」で、解説されています。

・講座の動画サンプル・詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/study/index.php?path=0&course_id=1763&sco_id=31751&package_id=812

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 資格by.kobayashiseira0 Comments2017.01.27
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。