【雲画像は面白い!!「○○に見える」を気象の知識とともに動画でご紹介しています。】~気象予報士講座佐々木恭子先生「ラジオっぽいTV!」

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。
気象予報士の勉強をする際のポイントとして、
以前、気象予報士講座の佐々木恭子先生が「本物の資料に目を向ける」とおっしゃっていました。
雲画像や天気図を見るときに、顏に見えるといった視点でみても面白いですね。その時期の特徴的な顏が見えてきます。
そして何より、印象に残ります、「冬によくある顔はこんな顔」などと考えてどんどん頭に入れていきましょう

▲気象予報士の「勉強法を心得よ!!(心得その8)」はコチラから

「○○に見える」の雲画像&天気図の解説を抜粋

寒冷渦があるときは、顔に見える場合が多いそうです。

秋によくみられるのが、鼻がおにぎりのようになっている顔の形の天気図。

・目に見える部分が、低気圧でなく高気圧の場合がある。高気圧でも目の形を作れる場合はで、夏だと低気圧だけになる。

(「ラジオっぽいTV!1115」 https://youtu.be/dCzzQ6FVIrw より)

▲「寒冷渦」についてはコチラから

【eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」】

この講座では、本格的に自宅で「気象予報士」の資格勉強ができます。動画の試し見もできますよ。
講座のeラーニング講座詳細・動画サンプルはこちらから

気象予報士講座はこちらをクリック

気象予報士講座はこちらをクリック


http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

試験対策情報満載!!【気象予報士講座専用サイト】

http://tenki.elearning.co.jp/

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 資格by.kobayashiseira0 Comments2016.09.29
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。