【宅建 各科目学習法】~権利関係

権利関係

問題番号1~14 14問

目標8、9点

権利関係は、宅建業法とは打って変わり、勉強の成果がなかなか得点に結びつきにくい科目です。
範囲が膨大で、近年の問題は難化傾向にあります。

やみくもに過去問を解くのではなく、法律の理解が重要になってきています。

出題内容

民法 10問
借地借家法
―借地関係 1問
―借家関係 1問
区分所有法 1問
不動産登記法 1問

民法の考え方を理解することで、他の法律や科目の理解がスムーズになります。
点数に直結はしにくいですが、基礎をしっかりと抑える勉強をしましょう。

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」 対応項目

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」
【今すぐ購入する】

民法

制限行為能力者制度/未成年者
制限行為能力者制度/成年被後見人
制限行為能力者制度/被保佐人
制限行為能力者制度/被補助人等

意思表示の無効と取消/心裡留保
意思表示の無効と取消/虚偽表示
意思表示の無効と取消/錯誤
意思表示の無効と取消/詐欺・強迫

代理制度/代理
代理制度/無権代理

債務不履行
契約の解除
債権の消滅/弁済
債権の消滅/相殺

各種の契約/贈与
各種の契約/売買の予約・手付
各種の契約/売主の坦保責任
各種の契約/請負
各種の契約/委任

人的担保・物的担保/連帯債務
人的担保・物的担保/保証債務
人的担保・物的担保/連帯保証
人的担保・物的担保/担保物権
人的担保・物的担保/抵当権(1)
人的担保・物的担保/抵当権(2)

所有権/共有

時効制度/時効(1)
時効制度/時効(2)

相続/相続人
相続/相続の承認・放棄
相続/遺言と遺留分

不法行為

区分所有法

区分所有法/専有部分と共用部分
区分所有法/規約
区分所有法/集会

借地借家法
―借地関係

借地借家法/借地権の意義・存続期間
借地借家法/借地権の対坑力
借地借家法/借地権の譲渡
借地借家法/定期借地権

―借家関係
借地借家法/借家権の意義・存続期間等
借地借家法/借家権の譲渡・承継
借地借家法/定期借家契約

物権変動

不動産登記法

不動産登記法

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」
【今すぐ購入する】

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
 

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。