投与量と効果又は毒性の関係【理解度チェック】~登録販売者勉強中の方へ

「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」の内容に沿った、理解度チェックテスト!!  講座はこちらをクリック

「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」の内容に沿った、理解度チェックテスト!!  講座はこちらをクリック

「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」の内容に沿った、
理解度チェックテスト!!今回は、第一章 医薬品のリスク評価から出題!

————————————————————————————————————————————————————————
 以下は、投与量と効果又は毒性の関係に関する記述です。
 a、b、c、dに入る正しい語句の組合せを選べ。
————————————————————————————————————————————————————————
投与量と効果または毒性の関係は、薬物用量を増加させるに伴い、
効果の発言が検出されない「(a)」から、最小有効量を経て「(b)」に至ります。
治療量上限を超えると、効果より有害反応が強く発現する「(c)」となり、
「最小致死量」を経て、「(d)」に至ります。

————————————————————————————————————————————————————————
 答え 3番
————————————————————————————————————————————————————————

解説(アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/ より)
投与量と効果又は毒性の関係は、薬鬱用量を増加させるに伴い、効果の発現が検出されない、検出されないのは無作用量ですね、無作用量から、最小有効量を経て、治療量に至ります。
治療量上限を超えると、効果よりも有害反応が強く発現する、中毒量となり、cが中毒量ですよ、「最小致死量」を経て、最後は致死量です。
だから答えは3番。

投与量と効果又は毒性の関係は、薬鬱用量を増加させるに伴い、効果の発現が検出されない、1番下の無作用量から、最小有効量を経て、治療量に至り、治療量の上限を超えると、中毒量に至り、中毒量は効果よりも有害反応が強く発現する量ですよ、「最小致死量」を経て、最後にもう致死量に至るということです。
ぜひこれを頭の中に入れておいてください。

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 詳細

講座はコチラをクリック

講座はコチラをクリック

▲アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
【30日間返金保証・合格保証・テキスト本CP中!!】365日パック¥15,000
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

▲登録販売者特設サイトはこちら(無料で学べるコーナーもあります。)
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

▲ご購入はこちらから
【今すぐ購入する】

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

 

 

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 資格by.kobayashiseira0 Comments2016.07.22
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ