アナフィラキシーについて【理解度チェック】~登録販売者勉強中の方へ

「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」の内容に沿った、理解度チェックテスト!!<br>講座はこちらをクリック

「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」の内容に沿った、
理解度チェックテスト!!講座はこちらをクリック

———————————————————————————————–
医薬品によるショック(アナフィラキシー)及びアナフィラキシー様症状に関する以下の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
———————————————————————————————–

1 ショック(アナフィラキシー)は、医薬品の成分に対する遅延型の過敏反応(アレルギー)である。
2 ショック(アナフィラキシー)は、以前にその医薬品の使用によって蕁麻疹等のアレルギーを起こしたことがある人では、起きるリスクが低い。
3 ショック(アナフィラキシー)の症状は、顔や上半身の紅潮・熱感、皮膚の痒み等であり、適切な対応が遅れれば致命的な転帰をたどるおそれがある。
4 発症後の進行が非常に緩やかであることが特徴である。

 

———————————————————————————————–
答え 3番
———————————————————————————————–
1 即時型の過敏反応(アレルギー)である、なので×。
2 いいえ、起きるリスクが高いです、だから×。
3 これ正しいですね。○。
4 発症後非常に速やかに進行するので、適切な対応をすぐとらないと命にかかわるということがアナフィラキシーの特徴ですので、×。

なので、×、×、○、×。
正しいものを一つ選べですので、これは3番が正しいです。
 

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 詳細

講座はコチラをクリック

講座はコチラをクリック

▲アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
【30日間返金保証・合格保証・テキスト本CP中!!】365日パック¥15,000
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

▲登録販売者特設サイトはこちら(無料で学べるコーナーもあります。)
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

▲ご購入はこちらから
【今すぐ購入する】

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

 

 

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。