子育てコミュニケーション講座より、『感情の発達』項目のケーススタディ‐その2

子育て 1-2
もっと早くに知っていたらわが家はもう少し平和に過ごせたかもしれません。『子育てコミュニケーション』講座受講生の声より
『感情の発達』項目のケーススタディ
2.誇りと自尊心を育てるコミュニケーション
<場面>
遊びや自分の身支度などで何かを達成したとき
子どもができたことを認め、励ますことで、誇りやもっと頑張ろうという向上心を育てます。
「何かをしたから偉い」「何かができたからあなたが好き」という条件付きの褒め方だけではなく、
無条件に存在そのものを尊重し、感謝する言葉かけをたくさんすることで、自然に自尊心自己肯定感)が育まれます。
<例>
条件付き「おもちゃを貸してあげれて偉かったね」「お約束を守れて嬉しいわ」
無条件「あなたがいるとお母さんは幸せ」「このおうちに生まれてくれてありがとう」

●eラーニング『子育てコミュニケーション講座』3,980円(税込)
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/249/47/
●テキスト1,000円(税込)
http://hello-dream.com/message/page-6910.html

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.Kinugasa Noriko0 Comments2016.02.14
記事の投稿者
衣笠 徳子

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。