子育てコミュニケーション講座より、『感情の発達』項目のケーススタディ

子育て
▼子育てコミュニケーション講座より

子育て期を親子が笑顔で過ごすため、そしてコミュニケーションの基礎を培うために。
本講座が、皆さまの子育てと、いきいきと夢を育み合える素敵な親子のコミュニケーションの一助となりますように『子育てコミュニケーション講座』より

感情の発達』項目のケーススタディ
1.感情を表現できるようにするコミュニケーション
<場面>
日常生活の中で、子供の感情が動いたとき
『嬉しい』『悲しい』など、自分の気持ちを意識できるようになるために、大人が子どもの感情をくみとり、その感情に添ったフィードバックをしてあげましょう。
そうすることで子どもは、自己の感情を豊かに表現できるようになります。
<例>
「大好きなおもちゃで遊べて嬉しいね」
「お友達とバイバイするのが悲しかったんだね」

●eラーニング『子育てコミュニケーション講座』3,980円(税込)
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/249/47/
●テキスト1,000円(税込)
http://hello-dream.com/message/page-6910.html

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.Kinugasa Noriko0 Comments2016.02.13
記事の投稿者
衣笠 徳子

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。