映像があったら便利な例【パソコン操作サポート】その1~『10/28~30 Web&デジタル マーケティング EXPO【秋】』出展!!

マーケティング EXPO 出展

マーケティング EXPO 出展

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

キバンインターナショナルは、2015年10月28日(水)〜30日(金)10:00〜18:00に幕張メッセ(第6ホール)にて
Web&デジタル マーケティング EXPO【秋】※」展示会に出展します(NOKIOO様と共同出展)!!

動画で学習できる「eラーニング」専門企業のキバンインターナショナルは、様々なeラーニング活用方法を提案しています。

今回は出展に際し、「映像があった便利な例」について弊社社長の中村にインタビューしました。

以下、インタビュー内容
—————————————————————————————-
映像にあったらすごく楽っていう話。

例えばパソコンの操作サポートってすごく映像にあったらいいですよね。

僕らの方にも質問が来るんですけど、ログインできませんとか再生できませんていうエラーの問い合わせがあるんです。
でも「再生できませんって何?」っていう話なんですよね。

パソコンが立ち上がってないかもしれないし、インターネットにつながってないかもしれない。
IDとパスワードを入れましたが違うっていうエラーが出てるのかもしれない。ログインはできたのだけど教材が見つからないのかもしれないし、教材を再生したら、バッテンマークが出てということなのかもしれない。
すごく可能性があるわけです。

そういうときに動画とか画面のキャプチャーで正しい操作だったらこういう風になりますよと、何番のところで操作が滞りましたか?うまくいかないんですか?っていうふうにできると非常に楽なんですよ。

確かに紙で全画面をキャプチャーしたマニュアルがあるとすごく便利なんですけど、作るのめっちゃ大変なんですよね。
普通の操作マニュアルだったら別にそれでもいいんですよ。でもお問い合わせの時とかでこういう風になりませんかっていう場合の確認だと画面をキャプチャーして動画ひょいと送ったりするっていうと非常に楽なんですよね。

例えば文字とか画像だけのやり取りだと全然違うっていう例があったりするんですよね。例えば稀有な例かもしれないけど、そもそも使っているシステムが違うじゃん。それがログインできませんか?とかどこでエラーができますか?
とか言ってますかっていう話だと全然噛み合わないんだよね。そもそもだって機材違うの使ってるじゃん。全然関係ないよっていうのが。なので動画使ったり画面キャプチャーでやったりする。

ちなみにうちで言っているログインできませんの機材が違うお話っていうのは例えは?・・・・

—————————————————————————————-

このつづきは、
→ 映像があったら便利な例【パソコン操作サポート】その2~『10/28~30 Web&デジタル マーケティング EXPO【秋】』出展!!
のブログ記事へ☆

※Web&デジタル マーケティング EXPO【秋】・・・Web・デジタル マーケティングに関するソリューションを一堂に集めた専門展です。本展には各企業のWebマスター、Web担当部門、マーケティング部門、広報・宣伝部門、営業企画・営業推進部門、販売促進部門の責任者ならびに担当者が来場し、出展企業と活発な商談・受注を行います。
URL http://www.web-mo.jp/ja/Home_AKI/

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングシステムby.kobayashiseira0 Comments2015.10.27
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。