社労士 メールマガジンバックナンバー

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2012年12月21日発行

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0119

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

いよいよ2012年も大詰めに差し掛かって参りました。

今週のeラーニングポータルサイト http://elearning.co.jp/ は大型資格がオープン!

大人気の うかる! 社労士シリーズ(日本経済新聞出版社)の富田朗先生による、社会保険労務士講座が開講しました。 http://elearning.co.jp/?page_id=4822

現在撮影中ですが、なんとその分、大幅な割引価格での受講が可能です。

社労士の学習内容は、労働基準法や雇用保険法など。独立の為に資格を取ろうという方はもちろん、働く全ての方に役立つ内容です。

ぜひご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のポイント
社会保険労務士試験とは
どんな人が受験するか
どんなお仕事?
講座概要
無料体験
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

eラーニング先進国、韓国オンライン大学で採用の高機能教材作成
『Lecture MAKER』・・・99,750円(税込)

30日間無料お試しダウンロードはこちらからどうぞ。

http://lecturemaker.jp/

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】社労士試験のあの大人気講座がeラーニングで登場!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社会保険労務士試験とは

社会保険労務士試験(通称、社労士試験)は年に一回、8月第4日曜日に行われる国家資格です。

平成24年で44回目を迎えました。

毎年約6万人から7万人が受験する人気資格です。

これは年によって上下しますが、だんだん増えてきています。

合格率はざっと7%付近の難関資格です。

合格は、早い人で1回。なんとか3 回目までの受験で受りたい、それでうかれば早い方、というのが一般的なようです。

どんな人が受験するか

受験者は、年代別では30代40代50代が多く、男性と女性の比率がほぼ半々。

男性の方が少し多いかなというくらいです。

受験の目的は人それぞれですが、大きく2つのパターンがあるようです。

1つめはキャリアチェンジしたい方。資格を取って独立しようと言うパターン。

2つめは、会社の中で知識が必要になって勉強するという方。

いずれにせよ、社労士の資格合格は一生有効ですので、長い目で見てずっと使える資格が良いという方は検討するとよいかもしれません。

どんなお仕事?

まず、社会保険や労務関係の書類を書いて手続きをするという仕事など、社労士でないとできない、許認可の必要な仕事があります。

ほかには、企業と労働者間の賃金について、労働基準法、雇用保険、年金、医療、など、働く全て多くの人にとって必要なコンサルティング業務などがあります。

法律家の中でも、とても身近な、日常生活の中で起きてくるであろう労務がメインとなります。

講師 富田 朗(とみたあきら) プロフィール
1964年東京生まれ。明治大学工学部卒業後、専門商社を経て、社会保険労務士として独立開業。

その後、大手資格試験予備校にて「社会保険労務士試験」の受験指導をはじめると、熱く、面白い講義が評判を呼んで人気講師となる。

以来、毎年多くの受験生を合格に導いており、その経験に裏打ちされた出題予想は、“よく当たる”と定評がある。

講座概要

【受講対象者】

社会保険労務士になりたい方、社会保険労務士試験に受かりたい方、社会保険労務士試験に受かってキャリアチェンジしたい方、社会保険労務士に関する知識が仕事で必要な方、社会保険労務士に関する知識を身につけたい方など。

【価格】

社労士 合格レクチャーコース 通常108,000円 早割86,400円(2013年2月末まで)

スーパー答練コース 通常36,000円 早割28,800円(2013年2月末まで)

直前パックコース 通常28,000円 早割22,400円(2013年2月末まで)

合格フルパックコース 通常154,000円 早割123,200円 (48,800円お得)(2013年2月末まで)

実力ビルドアップコース 通常154,000円 早割123,200円 (48,800円お得)(2013年2月末まで)

ブラッシュアップ完璧コース 通常58,000円(6,000円お得) 早割 46,400円 (17,600円お得)(2013年5月15日まで)

【目次】

試験ガイダンス    1時間
 労働基準法 第1回~第7回       全14時間(各回2時間×7回分)
 労働安全衛生法 第1回~第3回     全6時間(各回2時間×3回分)
 労働者災害補償保険法 第1回~第6回  全12時間(各回2時間×6回分)
 雇用保険法 第1回~第6回       全12時間(各回2時間×6回分)
 労働保険の保険料の徴収等に関する法律 第1回~第5回 
全10時間(各回2時間×5回分)

 ○労務管理その他の労働に関する一般常識 第1回~第5回     

全10時間(各回2時間×5回分)

 ○健康保険法 第1回~第7回       全12時間(各回2時間×6回分)

 ○国民年金法 第1回~第7回       全14時間(各回2時間×7回分)

 ○厚生年金保険法 第1回~第7回     全16時間(各回2時間×8回分)

 ○社会保険に関する一般常識 第1回~第5回     

全10時間(各回2時間×5回分)

  ※すべての時間は、おおよその時間です。

  ※●の講座は、12月初めより視聴可能になっています。

   ○の講座は、1月末より視聴可能になります。

【講座収録時間】

116時間(予定)

【受講可能期間】

2013年9月末まで

労働基準法講座を無料体験

富田先生が実際に講義する様子を、無料で体験頂けます。

人気シリーズ「うかる!社労士」の本のページを背景にした講座は、これまでご紹介してきた、パワーポイントを背景にした講座とはまた違った雰囲気です。

Webサイトでも公開している

http://elearning.co.jp/?page_id=4822

に加え、メルマガ読者さまだけがご覧になれる講座を用意致しました。

ぜひご覧ください。
(下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンからログイン頂けます)

( パスワードをお忘れの場合、ログイン画面で「パスワードへルパー」をクリックしてください。このメールマガジンが届いているメールアドレスを入力すれば、新しいパスワードが発行され、ログインすることができます。)

ログイン後、

「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「【第119回】富田朗の社労士講座無料体験」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

富田先生は表情が柔らかで、画面越しにもやさしい雰囲気が伝わってきます。

eラーニングというのは、直接会うのでなく、デバイスを通じて伝えるものだからこそ、表現にもいろいろと工夫が必要だなと感じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, メールマガジンバックナンバーby.kobayashiseira0 Comments2015.06.07
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ