配偶者に対する相続税額の軽減

「配偶者に対する相続税額の軽減」は,配偶者が相続により取得した財産の価額が,配偶­者の法定相続分相当額または1億2,000万円のいずれか多い金額までであれば,配偶­者は相続税がかからないという規定である。

fp
ドナルド松山のFP2級3級技能士講座月額980円

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.中村ブログ投稿0 Comments2015.03.29
TAGS ,  
記事の投稿者
中村 ブログ投稿

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。