【FPへの道by萌】勉強と実務の違い~ライフプランニング編~

こんにちは、女子部の鈴木萌です。
※女子部とは、女子スタッフで結成した部署です。

FPは幅広くお金の知識を勉強します。
が、本当に実生活や実務に活かせるの?と思いませんか?
私もFPを習ったばかりの頃はそう思っていて、実際になかなか知識が実践できていませんでした。

ここではあくまで私の見解ですが、FPの試験勉強と実務にどのようなギャップがあるかお話します。
今日はライフプランニングについてです。


e528beb19e925056033da65eaa428c63_s

FPの分野におけるライフプランニングは、非常に幅広く活かせる印象です。
関連資格も多くあります。

まず最初の方に勉強するライフプランニング表キャッシュフロー表個人バランスシート
FP業務の基礎となるツールです。
この知識が必要とする意外な人は、FPの提案書作成ツールを制作しているIT企業のSEなのではないでしょうか。

人生の三大資金と言われる教育資金住宅資金老後資金の勉強も活かせる部分ですが、
近年はライフスタイルが多様化していて、必ずしも勉強する内容が当てはまるとは限らない、
もとい画一的に当てはめるべきではないと私は考えています。

例えば、
独身がいいと考える人も多い→教育資金はいらない
持ち家はいらないという人も増えている→住宅資金はいらない
生涯働きたい→躍起になって老後資金を貯める必要はない
というように、あくまで勉強していることは一例だと考えた方がよいと思います。

ちなみに、住宅資金の関連資格に、複数団体が実施している住宅ローンアドバイザーがあります。
また、様々な奨学金についての知識を身に付け、アドバイスをするという、教育資金に特化したFPも中にはいます。

社会保険制度は日本に住んでいれば絶対に知っておくべきだと思います。
関連資格は難関国家資格である社会保険労務士や、商工会議所が実施しているDCプランナーなどがあります。
銀行や保険会社に勤めている人も、ここが詳しければお客さんに対してワンランク上の提案ができるのではないでしょうか。


以上のように、ライフプランニングはFPの根幹であり、様々な面で役に立つ知識だと思います。

特に社会保障は義務教育で教えるべきだと思うのは私だけではないと思います。。。

社会保障は全然わからない・・・」という方、FPの勉強をしてみてはいかがでしょうか?
例えば、遺族年金があれば今の生命保険いらない→保険料節約
というように、もしかしたら知って得する知識があるかもしれませんよ。

FP講座の詳細はコチラ

ドナルド松山のFP2級3級技能士講座 980円/月(税込)
【今すぐ購入する】

伊藤亮太の自宅で3日間で合格!FP3級講座 14,180円(税込)

【今すぐ購入する】

お知らせ 毎月第3水曜日開催!
キバンインターナショナルビジネスセミナー〜失敗しないeラーニング勉強会〜

毎月第3水曜日、企業内教育にeラーニングの活用を検討している教育担当者・経営者・管理職の方を主な対象とした、ビジネスセミナーを東京の千代田区で開催しています。(学習や教育に熱心な方であれば、どなたでもウェルカムです!)

第一回は2015年2月18(水)15時から!参加費は無料!お気軽に起こしください。

●テーマ:社員の為の新ファイナンシャルプラニング活用法
●講師:ファイナンシャルプランナー ドナルド松山氏

●第一回の詳細・お申し込みは下記よりお願い致します。
http://elearning.co.jp/?page_id=15499

※参考:キバンインターナショナルビジネスセミナー総合案内ページ(第2回目以降の予定や過去の勉強会の様子(写真)など)
http://elearning.co.jp/?page_id=15331

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
町田 萌
学生時代にキバンインターナショナルでアルバイトをしていました。講座を活用してCFP、宅建、証券外務員の資格を取得。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。