香港の風水新聞による2015年の風水的運気

2015年の風水について特集が組まれています。

香港の風水雑誌の最新号

香港の風水雑誌の最新号

「2015年九宮飛星方位布局」というページでは、各方位の吉凶方位を三元九運の九星と組合せて判断しています。

九宮というのは、古典風水では各方位を、例えば南の方位は、「南」という言葉ではなくて、方位を八卦に分類して、南は八卦では「離」といいます。

ですから「離宮」という表現を使います。

「宮」というのは、気が入る空間、入れ物という考えがあります。
三元九運というのは、20年周期で運気が変化しているという考えで、2004年から2023年までは、第8運という時期になります。
この期間に建築された建物は、第8運の影響を受けるのです。
そして玄関がどの方位に向いているかによって、各方位の気の吉凶が判断できます。
先生の鑑定でも、それぞれ玄関の向きが違うので運気も違ってくるのです。

伝統的風水の基本が365日間学び放題で3,000円(税込)
Mr.リュウの伝統的風水を実践するWEB講座

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツby.Kinugasa Noriko0 Comments2015.01.01
記事の投稿者
衣笠 徳子

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。