NAB SHOW 2014 NEWS – Blackmagic Design Blackmagic Studio Camera

 

 

 

 

 

Blackmagic Designの新スタジオカメラ『Blackmagic Studio Camera』。
●レンズマウント:マイクロフォーサーズマウント
●スクリーンサイズ:1 x 10.1インチ – 1920 x 1200
●スクリーンタイプ:10.1インチ – TFT-LCD
●リア・フロントのタリーライト付き
●価格:FullHDモデル=¥207,800(税抜)
●価格:4Kモデル=¥311,800(税抜)

Design URSAの紹介です。

BlackMagicDesign社が、カメラのデザインを一から定義しなおしたと宣­伝する自信作で、ユーザーによるアップグレードが可能な、4Kスーパー35センサーカ­メラです。

ユーザー自身によるアップグレードができるというのは、マウントが交換できるといるこ­とのようですが、マウントとセンサーがセットになっていて、マウントに最適化されたセ­ンサ、それぞれ違う種類のセンサーが内蔵されています。

BlacMagicDesignのカメラは低照度の撮影が苦手なことが多かったので、­今後、高感度のセンサーを手に入れることができた場合、センサーのアップグレードした­もののみ発売されることも期待されます。

デュアルレコーダーを搭載しているので、汎用のコンパクトフラッシュのメディアが利用­できるのも、メリットです。2つのメディアスロットを交互に利用することで、延々に録­画ができるので、歴史的なイベントや重要なインタビューなど、収録を途中で停止するこ­とができないような撮影時に利用できるとしています。

開閉式の10インチスクリーンで世界最大サイズのビューファインダーを搭載しています­ので、4Kの撮影においても、この大きなビューファインダーが大活躍することでしょう­。

デモを見ることはできませんでしたが、Resolve Liveの機能を使用すれば、カメラから直接ライブでグレーディングできるとのこと。­現場で照明を設定して同時にカラーグレーディングできるようになるとのことですが、発­売、実機での確認が楽しみです。

http://www.blackmagicdesign.com/jp/pr…
日本円では、¥624,800 (税抜価格)ということでした。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2014.04.11
TAGS ,  
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。