感覚 -聴覚-

騒音性の難聴について
90デジベル以上の長時間の騒音によって内耳の蝸牛を害し、騒音性難聴になる。
内耳で起こる聴力低下は、4000Hzを中心としておこる。これを C5dip という
ちなみに、人間が聴くことの出来る範囲は、20~20,000Hz


耳の機能は音を聴くだけではありません。前庭と三半規管で平衡感覚を感じる役割を持ちます。

前庭:
体の傾きの方向や大きさを感じる

三半規管:
体の回転を感じる

衛生管理者試験のポイント:
上記の他によく問われる点としては、器官の並びや、音の聞こえる順番などがあります。

・耳小骨は、鼓膜に近い方から、ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨からなる。
・鼓膜は、外耳と中耳の間にある
・音の聞こえる順番は、外耳道→鼓膜→耳小骨→蝸牛→蝸牛神経

【ユーザー登録して無料サンプルを閲覧】

はじめての方・・・下記【初めて利用します。(ユーザ登録を行う)】をクリックしてください。下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンからでもユーザ登録頂けます(入力項目が少ないので簡単に登録できます)。ユーザ登録頂くと、たくさんのサンプル講座をご覧頂けます。

ユーザ登録がお済みの方・・・ID、PASSをご入力後、ログインボタンをクリックでログイン頂けます。下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンをクリックするだけでログイン頂けます。

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

第一種衛生管理者が自宅で二日で合格! 12,800円(税込)
【今すぐ購入する】

第二種衛生管理者が自宅で8時間で合格! 9,800円(税込)
【今すぐ購入する】


Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2013.06.24
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。