食中毒(SAT衛生管理者講座)


食中毒の種類には、細菌性(感染型・毒素型)のものや自然毒によるものなどがあります。試験では食中毒を引き起こす菌や毒素の名称、その特徴が問われます。また、細菌性の症状と自然毒の名称を混ぜて正誤を問う(当然、細菌性の症状に自然毒の名称を当てていたら誤りの選択肢)問題も出ますので、症状と原因を正確に覚えておきましょう。

▼SAT衛生管理者講座よりサンプル動画 食中毒

※講座の一部をサンプルとして無料公開しています。

様々な原因菌
腸炎ビブリオ:
感染型の菌で、別名「病原性好塩菌」とも呼ばれる。魚介類の汚染が原因であることが多い。
潜伏期は10~20時間程度で、症状としては腹痛、下痢などがある

サルモネラ菌:
感染型の菌で、ネズミやゴキブリなどの糞便で汚染された食肉や卵が原因となることが多い。
養鶏場など鶏卵を作っているところで昔はよく発生したが、最近は清潔な、衛生課管理のしっかりした養鶏場が多くなってきたので減っています。
潜伏期は6~48時間程度(たいていは12時間前後)で、急性胃腸炎のような症状が現れる。

ブドウ球菌:
毒素型の菌で、熱に強いという特徴がある。おにぎりや弁当などが原因となることが多い。潜伏期は0.5~3時間と比較的短時間。
旧吐、腹痛、下痢などの症状を起こすが回復は早く、雁患しても死にいたることはほとんどない

ボツリヌス菌:
毒素型の菌で、缶詰などが媒介となることが多い。
熱に弱く、神経毒で致死率が高いのが特徴。潜伏期は2時間~8日程度(たいていは18時間前後)

【SAT衛生管理者試験合格講座 ログインフォーム】

はじめての方・・・下記【初めて利用します。(ユーザ登録を行う)】をクリックしてください。下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンからでもユーザ登録頂けます(入力項目が少ないので簡単に登録できます)。ユーザ登録頂くと、たくさんのサンプル講座をご覧頂けます。

ユーザ登録がお済みの方・・・ID、PASSをご入力後、ログインボタンをクリックでログイン頂けます。下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンをクリックするだけでログイン頂けます。

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

第一種衛生管理者が自宅で二日で合格! 12,800円(税込)
【今すぐ購入する】

第二種衛生管理者が自宅で8時間で合格! 9,800円(税込)
【今すぐ購入する】


Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2013.09.12
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。