【LectureMAKER FAQ】自分で作成した画像をボタンとして表示させることは可能ですか?

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp/が提供する、思い通りのeラーニング教材を作成できるプロフェッショナルレベル高機能オーサリングツールLectureMAKER http://lecturemaker.jp/ 。FAQを追加しましたので公開致します。

Q. 自分で作成した画像をボタンとして表示させることは可能ですか?

A. 可能です。

ボタン

▲挿入→ボタン→一般ボタンをクリック

▲スライド上の任意の場所をクリックしてボタンを挿入後、右クリックし、オブジェクトプロパティを選択。

▲図ボタンを選択し、マウスがボタンの上にない時の画像を設定します。マウスがボタンの上にない時の画像も設定すると、マウスをボタの上に載せた際の画像も指定できます。

LectureMAKERは30日間無料でお試し頂けます。ダウンロードは http://lecturemaker.jp/?page_id=11 からどうぞ。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, LectureMAKERby.yasu.tanaka0 Comments2012.12.06
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。