大人気eラーニング講座作成のヒケツ(1)メールマガジンバックナンバー


キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2012年5月18日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0088

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

今週は中小企業診断士講座の金高先生に、eラーンニング講座作成の秘訣をインタビューしました。

良質な教材作成のコツをあますことなく公開してくださっています。eラーニング運用ご担当者さまは必見といっても過言ではないでしょう。

巻末にはインタビュー動画のご案内もあります。

どうぞご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. 収録時間の秘訣
2. 撮影の準備時間の秘訣
3. 受講者から好評を頂く秘訣
4. eラーニング収録失敗談
5. 受講者の視点にたつ秘訣
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】大人気eラーニング講座作成のヒケツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※インタビュアー:株式会社キバンインターナショナルeラーニング支援部中村央理雄

中村「eラーニング導入こぼれ話のお時間になりました。今週は中小企業診断士の金高誠司先生にお越し頂きまして、コンテンツ作成の秘訣をお伺いしたいと思います。よろしくお願いします」

金高「よろしくお願い致します」

中村「金高先生は 診断士ドットジェイピー http://4dan4.jp/ で中小企業診断士講座を開講されております。」

金高「はい」

中村「そもそも中小企業診断士講座はどんな講座かというと、中小企業支援法に基づく経営コンサルタント唯一の国家資格ですね。」

金高「はい。主に中小企業を支援するコンサルタントだと思って頂ければと思います」

中村「なるほど。いま中小企業診断士の先生はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?」

金高「2万人弱だと思います。」

中村「毎年どれくらい合格するのでしょう?」

金高「2次試験に合格するのが600名から700名くらいです。5年の免許更新用件があるので、5年の間にコンサルティングをしなければいけなかったり、理論研修を受けなければならないなどの制度があるので、資格を失う方もいらっしゃいます」

中村「どのように合格するかというと、まず、1次試験を合格しなければならない。しかし、ここが難しいのですよね」

金高「科目合格制ですので、一概に非常に難しいとは言い切れないのですが、それでも1次試験は18%程度の方しか合格できないのが現状です。」

中村「1次で8割がた落ちると。そして2次でさらにその8割が落ちるということで、かなりの難関だということですね。」

金高「はい。」

中村「なぜ、難関かといえば、試験科目がたくさんあるんですよね。」

金高「1次試験で7科目、2次試験で4つのテーマがあります」

中村「合格までの学習時間が1,300時間から2,000時間もかかると伺ったのですが」

金高「およそ一科目100時間と昔は言われていましたが、現在では試験の難易度も上がっています」

中村「やはり、1,300時間から2,000時間必要でしょうか」

金高「コツだと思います」

中村「1,300時間だと365日だとすると、1日4時間くらいですね」

金高「ビジネスマンなど忙しい方がそのようにたくさん学習できないので、いかに効率よく学習するかがポイントだと思います。」

中村「なるほど。それで、実際に中小企業診断士講座で収録されているのは何時間くらいですか?」

金高「1次試験の場合、588コマの講義になっていまして、約5,880分、つまりだいたい100時間くらいになります」

中村「つまり今日は、その100時間分の講義を収録されている金高先生に、eラーニング作成のコツについて、いろいろとお伺いしたいと思います。」

金高「よろしくお願い致します」

中村「まず最初に、撮影の準備時間はどの程度必要でしょうか?」

金高「1次試験7科目で588コマですから、1つの科目に平均すると、84コマなんです。1コマ10分ですから、840時間です。」

中村「なるほど」

金高「ところが、1コマ収録するのに、そのまま10分で撮影できるかというとそうではありません。84コマを撮ろうとすれば、エラーがあったり撮りなおしがあったりしますので、1.5倍の120コマ分の時間はかかります。」

中村「撮影の時に1から2時間分はまとめて撮ると思うのですが、テキストや話す準備などの準備時間はどのくらいかかりますか?」

金高「1コマ10分の撮影の為に、だいたい2、3枚のスライドを準備していますが2時間ほどかけています。」

中村「1コマの為に2時間ということは、10倍、12倍くらいの時間をかけているんですね。」

金高「はい」

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。