メールマガジンバックナンバー【これからどうする!?モバイルラーニング特集】その2

●各デバイス対応の教材作成の困難

ここで問題になってくるのが、モバイル向けのeラーニング教材の作成方法です。

PC、スマートフォン、携帯電話、多種多様な環境です。

「各デバイス毎に教材を作り込む事はさけたい」

というのがご担当者のお考えではないでしょうか。

特に携帯電話は、「ガラケー」とも呼ばれるように、メーカーそれぞれ、キャリアそれぞれの仕様があり、全てに対応するのは困難です。

では、どうすればよいのでしょうか。
スマートフォン、携帯電話、それぞれをご案内します。

●携帯電話の教材作成はどうする?

携帯電話でのeラーニング教材作成。
これが非常に難しい。

よくある問題点はこちらです。

・携帯電話の小さい画面では、テキスト閲覧は厳しい
・機種による対応状況の差が非常に大きい
・通信費の負担は誰がするのか

よって、携帯電話の場合は問題演習(クイズ教材)に絞り、テキストは紙媒体を利用する方法をとっております。

●スマートフォン対応教材作成のポイント

携帯電話はクイズ教材が中心でした。
では、スマートフォンではどうなのか。

それはズバリ、「動画教材」です。

なぜか。
動画教材が一番楽に作れて、学習効果も高いからです。

例えば、動画でない場合を考えてみましょう。

Flashの場合
・動きのある面白い教材が作れる。(但し、結構大変)
・iPhoneでは動かない
・Flash Playerのバージョンにより動作が異なる

HTML
・動きが無いものだと単調で飽きる
・JavaScriptに頼るとブラウザ間の実装の違いが鬼門

このように、教材作成に当たり、何かと大変です。

動画であれば撮影するだけ。
私たちキバンインターナショナルの提供する「ITパスポート講座」の事例を挙げますと、2時間分の講座を収録するのにかかるのは、わずか3時間です。

効率面も考えてみましょう。
動画教材の学習事例としていつも挙げさせて頂いているのが、ベリタスアカデミーの坂木先生。

電子黒板を使った授業で、効率が3倍に上がりました。

生徒は板書を写さなくてしなくて済みますし、flashで作成したコンテンツよりも、実際に人間の登場する動画の方が飽きないからです。

●eラーニング動画:

今回は、eラーニングカンファレンスでの中村央理雄の講演をご覧頂けます。メルマガでご紹介したのはほんの一部。

具体的なデータ、資料がたくさんあり、即現場で使えるノウハウもたくさんあります。ぜひご覧ください。

ログインするにはユーザ登録が必要です。(下記「ユーザ登録」からご登録頂けます。)

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「【第72回】eラーニングカンファレンスでの講演(中村央理雄)」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

eラーニングカンファレンスのUstream配信のお手伝いをさせて頂きました。

スイッチャーという機材を使って、配信される画面を切り替えるのですが、これが実に楽しい!

Tri-Casterという機材を使いましたが、かなり使い勝手が良かったです。

参考記事:「日本イーラーニングコンソーシアムのカンファレンスをTriCasterで配信をします」
http://blog.elearning.co.jp/archives/28192.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。