メールマガジンバックナンバー【これからどうする!?モバイルラーニング特集】その1

▲eラーニングカンファレンスでの講演


キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2012年1月13日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0072

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

おととい1月11日より本日まで3日間に渡って行われ、全講座満席になった、eラーニングカンファレンス2012Winter(主宰:eラーニングコンソシアム)。

日本で2人しか認定されていないiPhoneエバンジェリストの中山五輪男さん(もう一人は孫正義さん)をはじめとした著名人などにより、様々なeラーニングの最新動向や事例が公開されました。

その中で、弊社のeラーニング支援部部長、中村央理雄の講演は、多くの問い合わせを頂くスマートフォンへの対応、携帯電話主にモバイルでのeラーニングの事例。

今回は、中村の講義の中から一部ポイントを抜粋したもの。eラーニングご担当者様は必見です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. スマートフォン対応、本当に必要?
2. 携帯電話学習の復権?
3. 各デバイス対応の教材作成の困難
4. 携帯電話の教材作成はどうする?
5. スマートフォン対応教材作成のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●iPhone、iPad、Android、PC、ブラウザを選ばず学習できるLMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込) 
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】これからどうする!?モバイルラーニング特集

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●スマートフォンはeラーニングに本当に必要?

最近いやでも耳にする言葉、スマートフォン。

「インターネット」という言葉がでてきたときも、あらゆるメディアで毎日取り上げられていましたが、ここのところ、スマートフォンも同じくらい取り上げられているのではないでしょうか。

インプレスR&Dの『スマートフォン/ケータイ利用動向調査2012』によれば、

スマートフォンの普及率2割(22.9%)

20代男性のみに限定すれば42%
ちなみに20代女性は30.9%

です。

また、MM総研の調査によれば、スマートフォンの出荷台数の推移は、

2009年 234万台
2010年 675万台
2011年 1,545万台
2012年(予測) 1,945万台

です。

どうやらこの流れは今後も強まることさえあれ、弱まることはありそうにありません。

結論:必要。

●携帯電話学習の復権?

最近よくある問い合わせ。

「ここはガツンと、スマートフォン対応のeラーニングをやりたいんだけど、全員持ってるわけじゃないし、流石に配布するのもコストがかかるから、とりあえず携帯電話でモバイルラーニングさせたい!」

総務省の『消費動向調査 主要耐久消費財等の普及率』によれば、

携帯電話の普及率は、8割(85.1%)

(開発者側にとっては)残念ながら、携帯電話が全滅したり、スマートフォンに完全に置き換わる事はなさそうです。

結論:やはり、必要。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.yasu.tanaka0 Comments2012.04.09
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。