初めてのインターバル撮影 TimeLapsにチャレンジしました

趣味の写真の技術を応用して、Time Lapseというインターバル撮影(デジタル一眼カメラで写真を撮影して)見ました。自宅のベランダから2100枚の写真を撮影し、その写真をつないで動画を作ってみました。CGのように見えますが、すべて実写の写真を修正無しのままで合成しています。自宅のベランダで、ベリタスアカデミーの坂木先生と2人で、約3時間の撮影をしました。

音楽違いの2パターンを貼り付けておきます。動画の最後に画面が揺れるのは、福島県で、震度5の地震があったため、カメラ自体も揺れましたことが原因です。

書き出しは、色々試してみて、もっとも手軽だったのが、Googleが無償で配布している写真管理ソフトのPicasaでした。アップロードした後、Youtubeで提供されている音楽を、Youtube上で、編集してつけてみました。

初めてにしては綺麗に撮れたと2人とも大満足。このインターバル撮影(Time Lapse)に、はまりそうです。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES パンダスタジオ, 動画・生中継by.m.nishimura0 Comments2012.04.02
TAGS  
記事の投稿者
西村 正宏
兵庫県出身。東京都在住。eラーニング専門キバンインターナショナル( http://kiban.jp) 代表取締役社長。 iPhone、iPad、kindleを愛す。2つの大学院で、情報工学と経営学の修士号取得。趣味も仕事もeラーニング。 Ustream中継の有料課金サービスを世界で唯一提供。USTREAM用スタジオ(http://www.facebook.com/pandastudio.tv)を運営。 英語がなぜか関西弁訛りになって困っている。 iPad関連の書籍を執筆が終わり出版待ち(ソフトバンククリエイティブ)。Ustream本を2冊出版予定。 USTREAM用のスタジオ(http://pandastudio.tv/)を作り、2010年中は無料で提供していますので、興味のある方は、是非ご利用ください。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。