クロマキー撮影時の留意点

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp/ が提供するUsream配信、eラーニング収録可能なパンダスタジオ http://pandastudio.tv/

パンダスタジオでできることのひとつに「クロマキー」という、PC画像と講師を合成する技術があります。

クロマキーで合成することにより、実際にその現場にいるような臨場感を出したり、多彩なコンテンツを撮影することができます。

クロマキーはブルーバックやグリーンバックで合成する為、撮影時に気をつけるべきことがあります。今回は、講師(出演者)が気をつけるべき注意点を動画にしました。どうぞご覧ください。

パンダスタジオの下見・ご見学のご予約・お問い合わせは http://pandastudio.tv/?page_id=13 より受け付けております。

なお、今回の動画で使用した音声はPPT2Voine Neoで作成した合成音声です。クリックだけの簡単作成です。PPT2Voice NeoのWebサイトはこちらから。 http://ppt2voice.jp/

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, パンダスタジオby.yasu.tanaka0 Comments2012.02.16
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。