中小企業診断士 ワンポイントアドバイス「配当性向とROE」

中小企業診断士 4dan4.jp ワンポイントアドバイス「配当性向とROE」を映像でお届けします。
こんにちは。4dan4.jp 中小企業診断士資格支援コンソーシアムの金高です。
 
 
今日のワンポイントアドバイスは、平成22年度 第19問を解説しながら、財務会計「配当性向とROE」をお伝えします。
配当性向は、当期純利益からどれだけ配当を行ったかを示す指標です。
ROE(株主資本利益率)は、株主資本に対してどれだけ当期純利益を獲得できたかを示す指標です。
配当性向とROEを掛け合わせると、株主資本配当率という指標になります。
これは、株主に対しどれだけ配当を行ったかを示す指標であり、株主にとっては高ければ高いほど良いことを示します。
 
では、この株主資本配当率を高めるにはどうすればよいのでしょうか。
配当性向とROEを掛け合わせた式から考えることが重要ですね。
 

 

 
 
 
 
いかがでしたか。
4dan4.jpでは、今後もどんどんと映像によるワンポイントアドバイスをお送りします。
ご期待下さい。
 
 
 
 
4dan4.jpでは、ユーザ登録をしていただくだけで、
 1.学習オリエンテーション
 2.企業経営理論概要
 3.財務会計-アカウンティング体系
 4.財務会計-ファイナンス体系
 5.運営管理-生産管理の体系
 6.運営管理-店舗・販売管理の体系
をご覧いただけるサービスを行っています。是非、ご活用下さい。
 

ユーザー登録はこちらからどうぞ

 
 
4dan4.jpにも同じ記事を掲載しています。
 
 

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.yasu.tanaka0 Comments2012.02.06
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。