中小企業診断士 2次試験対策ワンポイントアドバイス「考えることの重要性」

中小企業診断士 4dan4.jpワンポイントアドバイス「考えることの重要性」をお伝えします。
こんにちは。4dan4.jp 中小企業診断士資格支援コンソーシアムの金高です。
 
 
今日のワンポイントアドバイスは、2次試験対策の学習において重要な「考えること」についてお伝えします。
 
 
ご存じの通り、2次試験は約2000字の与件文を読み、当該事例企業の問題点や方向性を考え、
5設問から7設問の問いに対し、それぞれ100字前後の短文記述で解答する試験です。
 
2次試験の合格要素は、①正確な与件情報の把握、②思考の深さ(考えること)、③分かりやすい文章、の3つです。
合格するためには、3つの要素を高めるための学習が必要です。
この時期は、正解にこだわる必要がないので、それぞれのスキルアップをじっくりと行うことが出来ます。
 
 

 
3つの合格要素の中で、思考の深さ(考えること)は特に訓練が必要となります。
思考の深さを訓練するためには、過去問1事例毎に十分時間を取って、事例全体を考えながらまとめることが有効です。
 
この時期に、過去問を80分で解く学習はあまり意味を持ちません。
80分で解く学習法では、受験機関の模範解答を覚えてしまい、ある程度の解答を自分で書くことが出来てしまうからです。
そうすると、与件文や設問文を読んで考える癖はほとんどつかなくなります。
過去問学習では、受験機関の模範解答はほとんど見ないことです。
 
与件文の丸写しで模範解答を作っている受験機関もあります。
そんな模範解答で学習したら、それこそ、2次試験の合格要素の一つである「考えること」が欠落してしまいます。
 
 

 
「考えることを繰り返す」、その繰り返しが2次試験の合格への道となります。
今の時期だから出来る学習法です。
 
1年に4事例の過去問があります。
5年分だと20事例、1事例を最低2回でも自分なりに考えまとめると40事例分の自分なりのまとめシートが出来上がります。
 
1日に1事例を考えまとめると、40日間で出来る学習法です。
考えながらまとめるフォーマットはどんなものでも構いません。
参考に4dan4.jpの戦略ストーリー策定シートPDFを添付しておきます。
合格目指して頑張って下さい。
 
戦略ストーリー策定シートPDFダウンロード
 
 
 
 
4dan4.jpでは、ユーザ登録をしていただくだけで、
 1.1次試験学習オリエンテーション
 2.企業経営理論概要
 3.財務会計-アカウンティング体系
 4.財務会計-ファイナンス体系
 5.運営管理-生産管理の体系
 6.運営管理-店舗・販売管理の体系
をご覧いただけるサービスを行っています。是非、ご活用下さい。
 

ユーザー登録はこちらからどうぞ

 
 
4dan4.jpにも同じ記事を掲載しています。
 
 

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.yasu.tanaka0 Comments2012.01.19
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。