音の良いビデオスタジオ 吸音材設置作業

パンダスタジオを音が良いスタジオとしても、皆さんに愛されるよう、音に関する改善をしていあます。防音工事が終わり、遮音性は高くなったのですが、その分、余計なエコーがスタジオ内に残るようになったので、ストラーダ社製の吸音材をスタジオ内部にはつける作業になります。

天井が4メートルと高く、1つの壁を貼る貼る作業だけでも大変です。今日は、最初に購入した128枚を、16枚づつシナベニアに貼り付けましたので、その裏面に、DAIKENのJ-700という遮音シートを貼るつける加工をしました。遮音シートを裏面に貼った後、黒スタジオのPAブース側の上部から順番に貼り付け作業をしました。128枚(22.5cm×22.5cm×60mm)を貼り付けたのですが、まだ、PAブース側の壁面、約半分程度しか貼り付けることができていません。

吸音材が届き次第、音を確認しながら、順次吸音材を設置して、音の良いスタジオにしていきたいと思います。

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
西村 正宏
兵庫県出身。東京都在住。eラーニング専門キバンインターナショナル( http://kiban.jp) 代表取締役社長。 iPhone、iPad、kindleを愛す。2つの大学院で、情報工学と経営学の修士号取得。趣味も仕事もeラーニング。 Ustream中継の有料課金サービスを世界で唯一提供。USTREAM用スタジオ(http://www.facebook.com/pandastudio.tv)を運営。 英語がなぜか関西弁訛りになって困っている。 iPad関連の書籍を執筆が終わり出版待ち(ソフトバンククリエイティブ)。Ustream本を2冊出版予定。 USTREAM用のスタジオ(http://pandastudio.tv/)を作り、2010年中は無料で提供していますので、興味のある方は、是非ご利用ください。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。