パンダスタジオにグリーンスタジオが仲間入り

グリーンスタジオとは

パンダスタジオhttp://pandastudio.tv/)には、赤スタジオ(ロビー)、白スタジオ、黒スタジオがありますが、同じ建物の4Fに、グリーンスタジオのが加わることになりました。
4Fのグリーンスタジオは、当面、中小企業診断士の講座撮影専用として稼働予定です。

パンダスタジオにグリーンスタジオが仲間入りします

▲パンダスタジオにグリーンスタジオが仲間入りします

今日、鍵を受け取り、これから機材をいれていきます。どうしてグリーンスタジオ?それは、グリーンバックに画面合成や、3Dバーチャルスタジオの組み合わせで、中小企業診断士講座を撮影します。グリーンバック専用の合成での撮影専用になります。

グリーンスタジオの設営は、企業の会議室であっても、上手く工夫すれば、Ustream生中継やeラーニング収録、社内でビデオコンテンツを作ることができるショールームとしても利用できるよう、基本的に家電量販店で購入できるものや、近くのホームセンターえ購入できるものだけで、スタジオ機材をそろえる予定です。

パンダスタジオのグリーンスタジオの構築過程も、またこのブログで公開してきますので、お楽しみに。

パンダスタジオのロビー

写真がちょっと古いですが、世界中から集めたパンダのぬいぐるみ、パンダグッズが並べられています。巨大な花の模様を壁面に映し出す、ちょっと珍しい照明器具が、皆様をお迎えいたします。

パンダスタジオのロビー(赤)の写真

パンダスタジオのロビー(赤)の写真

パンダスタジオの黒スタジオ

パンダスタジオでもっとも利用頻度の高いスタジオ。天井4メートルのスタジオです。トラスに照明、音声機材が設置されています。ハイビジョンによる撮影、Ustream、Livestreamへの配信が可能です。

パンダスタジオ黒スタジオ(壁面・天井が黒です)の写真

▲パンダスタジオ黒スタジオ(壁面・天井が黒です)の写真

—————-
■株式会社キバンインターナショナル
 http://kiban.jp

■パンダスタジオ
 http://pandastudio.tv/

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, Livestream, Ustream, パンダスタジオ, 動画・生中継by.m.nishimura1 Comments2011.03.23
記事の投稿者
西村 正宏
兵庫県出身。東京都在住。eラーニング専門キバンインターナショナル( http://kiban.jp) 代表取締役社長。 iPhone、iPad、kindleを愛す。2つの大学院で、情報工学と経営学の修士号取得。趣味も仕事もeラーニング。 Ustream中継の有料課金サービスを世界で唯一提供。USTREAM用スタジオ(http://www.facebook.com/pandastudio.tv)を運営。 英語がなぜか関西弁訛りになって困っている。 iPad関連の書籍を執筆が終わり出版待ち(ソフトバンククリエイティブ)。Ustream本を2冊出版予定。 USTREAM用のスタジオ(http://pandastudio.tv/)を作り、2010年中は無料で提供していますので、興味のある方は、是非ご利用ください。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ