続けること。新しく始めること。

最近、ブログからのお問い合わせをたくさんいただきます。月間、4万人の方にアクセスいただいています。この会社を作り、営業開始の準備段階2010年8月から、スタッフ全員で記事を書き出してから、ちょうど、この記事で、1500件目になります。

1月は営業日数は少なかったもの154件の記事、もっとも少ない日でも1日6件の投稿をしています。毎日、小さな発見をまとめたり、自分たちで知ったノウハウを、お役にたてればと、積極的に公開をしています。情報公開については、取引先からも、自社の首を絞めるのではないか、中止すべきではないかというアドバイスをいただきました。情報を発信し続けることで、次のインプットをする必要があるし、アウトプット量をきめておくことで、自然に問題意識をもって、物事をみるようになる、そんな思いで、情報公開、ブログの更新をしてきました。

ブログも件数が1000件を超えたあたりから、急速にアクセス数が増えたり、お問い合わせが増えてきたように思います。ブログを書いている方の多くは効果が出る前に、継続の難しさ、大変さから放棄される方も多いようです。続けることの大切さ、継続することの重要さを再確認しながら、情報発信は続けていきたいと思います。

こうして、コツコツ積み上げていくことの大切さと、これまで自分達の仕事の仕方で、成功している方法であっても、それに安住しないで、次々と新しいことにチャレンジすることの大切さを感じます。この新会社を設立して2年目ですが、約1/3は、昨年度は提供していなかったサービスによる売り上げです。

経営が安定しているからと、新製品、新サービスを開始していなかったら、その1/3については、売り上げが減少していて、赤字に陥っていたかもしれません。常にお客さまの立場にたって、何が必要か、どのようにすべきかを考え、次の手を打つこと。同業他社をみて、ペースを乱すのではなく、俯瞰した視点でみるようにしています。もし全くゼロからスタートする会社が私たちの製品やサービスを上回るものを作ってくるとしたら、どんなサービスだろう。または、巨大資本の企業が参入して、私たちの会社のライバルになったときには、どのような変化がおきるのか、そんなことを考えてみると、安穏と暮らしていけないことが、自明になります。常にも猛然と変化をしていく必要を感じます。自分たちで自分たちのサービス、製品を超えるものを生み出していく必要を感じます。他社に超えられるぐらいであれば、自分たちで、自分たちを超えていきたいものです。

コアとなる、最高の学びをすべての人に!というゴールを忘れず、邁進していきたいと思います。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 新着情報by.m.nishimura1 Comments2011.02.01
記事の投稿者
西村 正宏
兵庫県出身。東京都在住。eラーニング専門キバンインターナショナル( http://kiban.jp) 代表取締役社長。 iPhone、iPad、kindleを愛す。2つの大学院で、情報工学と経営学の修士号取得。趣味も仕事もeラーニング。 Ustream中継の有料課金サービスを世界で唯一提供。USTREAM用スタジオ(http://www.facebook.com/pandastudio.tv)を運営。 英語がなぜか関西弁訛りになって困っている。 iPad関連の書籍を執筆が終わり出版待ち(ソフトバンククリエイティブ)。Ustream本を2冊出版予定。 USTREAM用のスタジオ(http://pandastudio.tv/)を作り、2010年中は無料で提供していますので、興味のある方は、是非ご利用ください。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。