Ktai Entry導入のススメ

キバンインターナショナルでも使っているWord Pressは、デフォルトでもメール投稿に対応していますが、画像の挿入が出来なかったり、関係ないメールが届いてしまった際に、その内容が記事になってしまうなど、若干の問題点があります。

そこで、今回紹介するプラグイン「Ktai Entry」の出番です。Word Press 3.0.4 でも問題なく動きましたので、インストールと設定方法を紹介します。

インストール方自体は、他のプラグインのインストールと同じ手順ですので、細かな説明は省きます。

1.Ktai Entry をダウンロードしてくる。(今回は、安定版の0.8.11を使用しています。)
2.Ktai Entryを解凍して、Word Press のプラグインディレクトリにディレクトリごとコピーする。
3.Word Press の管理画面からプラグインを有効にする。

インストール完了後に、まずWord Pressの左側メニューにある設定から、投稿設定に進みます。

今回は、Gmailのメールサーバを使って、メール投稿が出来るように設定します。Google Appsの独自ドメインで使用している環境でも問題なく動きました。※Gmailの設定で、pop3を有効にしておいて下さい。そうしないと動きません。

■Gmail(Google Apps)を使う場合のメールサーバの設定
メールサーバー:ssl://pop.gmail.com
ポート:995
ログイン名:メール投稿で使用するメールアドレス。(例:blog@kiban.jp)
パスワード: ログイン名で指定したメールアドレスのパスワード。
メール投稿用カテゴリーの初期設定:自由に設定して下さい。

Word Pressのメールサーバ設定画面

Word Pressのメールサーバ設定画面

ここまで設定が出来たら、保存して下さい。続いて、Ktai Entryの設定です。

特に設定することはないと思いますが、投稿受付メールアドレス(オプション)の欄にGmailのエイリアス機能を使ったメールアドレスにしておくとSPAMメールが飛んできた際に、勝手に記事になったりしなくなりますので、おすすめです。
Gmailのエイリアス機能を使うには、こちらの記事をどうぞ。

Ktai Entryのオプション画面

Ktai Entryのオプション画面

投稿テンプレートで、メールで記事を投稿した際の表示方法が設定出来ます。※注意書きにもある通り、画像が添付されていた場合のみ有効になります。

インストールと設定はここまでの手順で終了です。
あとは携帯電話やスマートフォンで、投稿用のメールアドレス宛にメールを送るだけで、記事が投稿されますので、試してみて下さい。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.t.kuramitsu1 Comments2011.01.20
TAGS  
記事の投稿者
Kuramitsu Taiga
ネットワークの専門家。SCORMアセッサになりました。現在はAmazon EC2/S3を使った大規模システムの構築の研究中・・・のはずが、Webサイト更新中。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。