タグ別アーカイブ: FP201401

相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」に­おける特定事業用宅地等に該当する場合,( ① )を限度面積として評価額の( ② )を減額することができる。

1) ① 200㎡   ② 50%
2) ① 240㎡   ② 80%
3) ① 400㎡   ② 80%

fp
ドナルド松山のFP2級3級技能士講座月額980円

贈与税の配偶者控除は婚姻期間

CATEGORIES eラーニングby.中村ブログ投稿0 Comments2015.04.21

贈与税の配偶者控除は,婚姻期間が( ① )以上である配偶者からの居住用不動産または居住用不動産を取得するための金銭の贈与­についてその適用があり,控除限度額は( ② )である。

fp
ドナルド松山のFP2級3級技能士講座月額980円

相続の放棄をしようとする者

CATEGORIES eラーニングby.中村ブログ投稿0 Comments2015.04.21

相続の放棄をしようとする者は,自己のために相続の開始があったことを知った時から原­則として( ① )以内に,その旨を( ② )に申述しなければならない。

fp
ドナルド松山のFP2級3級技能士講座月額980円

相続開始時において保険事故が発生していない
生命保険契約に関する権利の価額は,(  )の額に基づいて評価する。

1) 死亡保険金
2) 解約返戻金
3) 払込保険料

fp
ドナルド松山のFP2級3級技能士講座月額980円

親族関係図

CATEGORIES eラーニングby.中村ブログ投稿0 Comments2015.04.20

下記の〈親族関係図〉において,配偶者の法定相続分は,(  )である。

fp
ドナルド松山のFP2級3級技能士講座月額980円

相続により取得した土地の譲渡について

CATEGORIES eラーニングby.中村ブログ投稿0 Comments2015.04.20

相続により取得した土地の譲渡について,いわゆる相続財産を譲渡した場合の相続税の取­得費加算の特例の適用を受ける場合,当該土地を相続開始日の翌日から相続税の申告期限­の翌日以後(  )を経過する日までに譲渡していることが要件の1つとなる。

1) 3年
2) 5年
3) 10年

fp
ドナルド松山のFP2級3級技能士講座月額980円

保養の目的で所有する別荘など,生活に通常必要でない資産を譲渡したことによって生じ­た損失の金額は,他の所得の金額と損益通算することができない。

fp
ドナルド松山のFP2級3級技能士講座月額980円

居住用財産の譲渡

CATEGORIES eラーニングby.中村ブログ投稿0 Comments2015.04.19

居住用財産の譲渡について、最終譲渡所得の課税の特例(軽減税率の特例)の適用を受け­る所得税学派、下記の票のとおり、計算される

fp
ドナルド松山のFP2級3級技能士講座月額980円

土地・家屋の固定資産税の納税義務者

CATEGORIES eラーニングby.中村ブログ投稿0 Comments2015.04.19

土地・家屋の固定資産税の納税義務者は,原則として,毎年(  )現在において当該土地・家屋の所有者として固定資産課税台帳に登録されている者であ­る。

fp
ドナルド松山のFP2級3級技能士講座月額980円

都市計画法の規定では,市街化区域内において行う開発行為で,
原則としてその規模が(  )以上であるものは,都道府県知事等の許可を受けなければならない。

fp
ドナルド松山のFP2級3級技能士講座月額980円