タグ別アーカイブ: 竹村式英語発音矯正法
発音の学校

発音の学校

突然ですが、「right」と「light」を発音してみましょう。
スマホや、パソコンの音声検索機能を使って、きちんと反応するか確認してみてください。
言語を一時的に英語に設定して試してみてください。

いかがでしたか?正しく理解してくれたでしょうか。

<<竹村先生の説明>>

英語は息の言葉です。腹式呼吸で行います。日本語のように喉だけで音を区別することはできません。
(このあたりの基本は、トライアルで無料で確認することができます。)

[l] の発音は、側音です。舌先を上前歯の裏の歯根に当てて息を吐きます。
[r] の発音は、どこにもついていない舌先に息が当たっている状態で発声されます。

+++——————————————————————————————-+++

先生の言った通り発音するとスマホも正しく反応してくれました。うれしいです。

この講座で学習すると発音記号の発音が正確に身につきます。この発音記号は、国際基準なので、実は他の言語を学ぶ際にも、役に立つとのこと。急がば回れということでしょうか。

大人気の竹村先生の講座を確認したい方は、是非、無料講座で体験してみてください。

発音の基礎講座「竹村式英語発音矯正法」子音編&母音編パック(有料)
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1584/767/

この他にも、TOEIC、英検対策講座、CNNニュースが聞けるようになる「技術」講座など、様々な英語の講座がございます。是非一度訪れてください。↓↓↓

http://elearning.co.jp/

発音の基礎講座「竹村式英語発音矯正法」母音編

>>どんな講座か見てみる

受講生の感想です。
————————————————————

i長母音を学びました。

声帯の説明がわかりやすい
息を通す」と言う表現がよく出てきますが、「そうそう」と納得しました。
日本語はのどに詰まってる感じに対して、
英語は「息を通し」て話すと良いのですね。

実際には、体に染み込ませるまで訓練するのは大変そうですが。。
ネイティブに一回教わった人などが、頭で理解するのはいいかもしれないと思いました。
初めて英語を学ぶ方というより、
大人の英語のやり直しにとても良いと思います。

プレゼンテーションなど、多数の人に対して話す機会があり、
発音を確実に直したい人にオススメの講座です。

>>その他の受講生の声

発音の基礎講座「竹村式英語発音矯正法」母音編
365日見放題で10,000円(税込)
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1579/766/

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 中村央理雄)は、4/15(金)、eラーニング『発音の基礎講座「竹村式英語発音矯正法」子音編』を開講しました。日本での英語発音指導の草分け、竹村和浩先生が発音の仕方を一つ一つわかりやすく丁寧に解説した講座です。(※「母音編」および「子音編・母音編一括パック」は近日公開予定。)お申込みは http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1576/752/  から。

【講座名】

発音の基礎講座「竹村式英語発音矯正法」子音編

【サンプル講座】

【講座概要】

日本での英語発音指導の草分け、竹村和浩先生による、英語発音トレーニング講座。英語の50音である、音素50音(子音27・母音23)の発音の仕方を一つ一つわかりやすく丁寧に解説。英語は「息」の言葉であるとの立場から、「英語発声法」「音素」「単語」「リエゾン」「長文音読」とステップを踏んで確実に発音力をアップします。過去10年以上に渡りALC社にて100満員御礼をつづけた「英語ヴォイス・トレーニングで発音力アップ!」のエッセンスをパワーアップしてお届けします。

【講師 竹村和浩(たけむら かずひろ) プロフィール】

TLL言語研究所 所長。ビジネス・ブレークスルー大学(大前研一学長)英語専任講師。専門は発音矯正とビジネス英語。
立教大学英米文学科卒。東京都立高校英語教諭を経て、公文教育研究会に海外派遣要員として採用。その後総合企画室・社内情報システム企画・海外事業部担当を経て、1995年に独立。以来、英語の発音を基本とした企業研修を中心に活動。英語公用語化を推進するIT・服飾メーカーでの研修他、大手国内外企業でのグローバル人材育成研修を実施している。
とりわけALC社での英語発音セミナー「英語ヴォイス・トレーニングで発音力アップ!」は、毎回ほぼ100名満員御礼を10年以上続け、参加者からは「目から鱗が落ちた!」「あと10年早くこの講座を聞いていれば。」との好評の声が上がっている。著書に、「ビジネス英語3か月トレーニング」NHK出版・「プロの英語プレゼン」中央経済社・「世界で戦う伝わる英文ビジネスEメール」明日香出版・「電話の英語 直前3時間の技術」・「英語モジュール学習法」東洋経済新報社など多数。

【受講対象者】

発音に興味のある方対象。

【価格】

10,000円(税込み)

【講座収録時間】

約6時間40分

【目次】

導入編
発音の学校とは 講座ガイダンス
講座ガイダンス1 発音の仕方
リエゾンの法則
なぜ発音記号なのか?
レッスンを始める前に「 l」側音
レッスンを始める前に「r」
(l)と(r)のまとめ

子音1:破裂音
Lesson1
Lesson2
Lesson3
Lesson4
Lesson5
Lesson6

子音2:摩擦音
Lesson1
Lesson2
Lesson3
Lesson4
Lesson5
Lesson6
Lesson7
Lesson8
Lesson9

子音3:破擦音
Lesson1
Lesson2
Lesson3
Lesson4

子音4:鼻音
Lesson1
Lesson2
Lesson3

子音5:流音
Lesson1
Lesson2

子音6:半母音
Lesson1
Lesson2

子音7:声門摩擦音
Lesson1

【受講可能期間】

365日

【学習可能デバイス】

PC(Windows・Mac両対応)・iPhone・iPad・Android端末対応
(※端末・環境により閲覧できない場合があります。無料体験で予めご確認頂けます。)

【講座のお申込み・無料体験】

下記の画像、またはURLをクリックするとお申込み・無料体験画面に移動します

Webサイト http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1576/752/

■その他、様々なOS、ブラウザ対応のeラーニングコンテンツも多数取り揃えております。 
http://elearning.co.jp/?page_id=4697

【その他のお問い合わせ】

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp
TEL: 03-4405-8486 E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 田中)

【講師支援】

この講座は、eラーニングビジネス支援パックを活用して作成致しました。 eラーニングビジネス支援パックを利用することで、初期費用0円、継続費用0円でeラーニング講座を開講することが可能になります。詳しくは、以下のURLをご覧下さい。 http://contentsbank.jp/?page_id=5292

【株式会社キバンホールディングスについて】



株式会社キバンホールディングス http://www.kiban.co.jp/ では、「最高の学びをすべての人に」をゴールに、みなさまが日常生活に不可欠な社会基盤(インフラストラクチャ)として利用できる商品とサービスを提供します。以下、キバンホールディングスのグループ企業をご紹介します。

●株式会社キバンインターナショナル

eラーニング専門企業。6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、企業向け課金可能eラーニングシステムSmartBrainを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定されました。
住所:〒114-0015 東京都北区中里2-19-8 銀座プロセスビル
電話:03-4405-8486 FAX:03-6684-4610 Email: international@kiban.jp
Web: http://www.kiban.jp/

●株式会社パンダスタジオ

最新の設備が揃ったビデオスタジオ。e-ラーニングコンテンツ制作、インターネット生中継(ライブストリーミング)、リアルタイムにクロマキー合成による撮影、4K撮影などが可能です。出張対応も可能です。プロバレーボール、プロバスケットボール、プロゴルフのスポーツ生中継や、医療制コンテンツの撮影、製品発表などの生中継を多く手がける。
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル2F
電話:03-4405-8487 FAX:03-6684-4610 Email: pandastudio@kiban.jp
Web: http://pandastudio.tv/

●株式会社ジェイ・ジェイ・エス

動画・映像教育教材の制作、事務局業務のオンライン化、テストや試験のオンラインテストシステムの構築など教育から技術スキルの認定までオールインワンのサービスを展開している。教育ビジネスで培った経験と ノウハウを駆使して共に考え行動する事を企業理念として掲げている。
電話:03-3260-0955 FAX:03-3260-0965 Email: jjstc@jjs.net
Web: http://www.jjs.co.jp/ http://cbt-j.com/