PMP

実務に直結する「役立ち度」100%で、堂々の1位 PMP

仕事で使える資格は何か~資格ランキング2016~日経Bizアカデミーより

実務に直結する「役立ち度」100%で、堂々の1位

回答者が保有する資格の中で「仕事に役立っていると考える資格」を挙げてもらい、集計したものの順位。
合格率は、決して高くはありませんが、実務でのリーダー経験にプラスできる満足度100%の資格です。

PMPの受験資格

PMPの受験資格は、

1.プロジェクトマネジメントを指揮・監督する立場での経験。
2.35時間のPM教育受講証明(教育機関、学校、企業内研修、eラーニング、など)が必要

そこで、elearning.co.jp では、eラーニングでお手伝い。
時間や場所の制限がないので、仕事で忙しくても自分の都合で、受験資格を安価でゲット!できます。

※法人様向けに団体割引もご用意しています。

詳細は、こちらから。

※仕事で使える資格は何か~資格ランキング2016~日経Bizアカデミー はこちらから。
https://style.nikkei.com/article/DGXZZO9879802024032016000000?channel=DF180320167087

PMP受験のための35時間PM講座 第6版


—————————————-­—————————————-­–
eラーニングのことなら何でもお気軽にご相談ください。
株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 西村正宏)は、7/20(金)、eラーニング『PMP受験のための35時間PM講座』(PMBOKガイド第6版準拠)のコンテンツをリニューアルしました。

PMP資格受験のためには、35時間のPM研修を受講する必要があります。その証明書が受け取ることができる受験対策講座の最新版です。

お申込みは http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/2116/1031/ から。

【講座名】

PMP受験のための35時間PM講座

【サンプル講座】

【講座概要】

現在、「PMP受験のための35時間PM講座(PMBOKガイド第5版準拠)」を販売しています。
以下の理由により第6版準拠に改版します。
・PMI認定PMP試験が2018年3月26日からPMBOKガイド第6版をベースに出題
・第5版準拠の内容の更なる改善

【講師 小谷野正博 プロフィール】

昭和48年4月富士通株式会社入社
ITエンジニア、SEとして数多くのプロジェクトマネジメントを経験すると同時に、社内で研修講師を務める。
平成22年3月富士通株式会社 定年退職
有限責任事業組合 智の輪舎PMlabo 代表組合員
PMI日本支部会員
保有プロジェクトマネジャ資格
・平成23年8月情報処理技術者プロジェクトマネジャ(PM-2011-04-00868)
・平成22年7月米国PMI認定PMP(#1345911)

【受講対象者】

プロジェクトマネジメントを有る程度学習した方で、”米国PMI認定PMP試験” や”情報処理技術者試験プロジェクト・マネージャ”の受験を考えておられる方

【価格】

通常価格 30,000円円(税込)

【講座収録時間】

約22時間

【目次】

オリエンテーション
第1章 PMの基礎
第2章 10個の知識エリア
第3章 重要な技法
第4章 PMI倫理・職務規定
第5章 PMIイズム
第6章 アジャイル
第7章 IPA午後ⅠからPMを知る
第8章 あなたがプロジェクトから学んだこと
第9章 PMP試験模擬問題300題
第10章 PMP受験の手続き

【受講可能期間】

210日間

【学習可能デバイス】

PC(Windows・Mac両対応)・iPhone・iPad・Android端末対応
(※端末・環境により閲覧できない場合があります。無料体験で予めご確認頂けます。)

【講座のお申込み・無料体験】

Webサイト http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/2116/1031/

■その他、様々なOS、ブラウザ対応のeラーニングコンテンツも多数取り揃えております。  http://elearning.co.jp/?page_id=4697

【その他のお問い合わせ】

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp
TEL: 03-4405-8486 E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 衣笠)

【講師支援】

この講座は、eラーニングビジネス支援パックを活用して作成致しました。 eラーニングビジネス支援パックを利用することで、初期費用0円、継続費用0円でeラーニング講座を開講することが可能になります。詳しくは、以下のURLをご覧下さい。 http://contentsbank.jp/?page_id=5292

【株式会社キバンホールディングスについて】

株式会社キバンホールディングス http://www.kiban.co.jp/ では、「最高の学びをすべての人に」をゴールに、みなさまが日常生活に不可欠な社会基盤(インフラストラクチャ)として利用できる商品とサービスを提供します。以下、キバンホールディングスのグループ企業をご紹介します。

●株式会社キバンインターナショナル

eラーニング専門企業。6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、企業向け課金可能eラーニングシステムSmartBrainを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定されました。
住所:〒114-0015 東京都北区中里2-19-8 銀座プロセスビル
電話:03-4405-8486 FAX:03-6684-4610 Email: international@kiban.jp
Web: http://www.kiban.jp/

●株式会社PANDASTUDIO.TV

最新の設備が揃ったビデオスタジオ。e-ラーニングコンテンツ制作、インターネット生中継(ライブストリーミング)、リアルタイムにクロマキー合成による撮影、4K撮影などが可能です。出張対応も可能です。プロバレーボール、プロバスケットボール、プロゴルフのスポーツ生中継や、医療制コンテンツの撮影、製品発表などの生中継を多く手がける。

●駒込キャンパス(オフィス)
住所:〒114-0015 東京都北区中里2-19-8 銀座プロセスビル
電話:03-4405-8486 FAX:03-6684-4610
●秋葉原スタジオ
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル2F
電話:03-5812-0666  FAX:03-5812-0669

Email: pandastudio@kiban.jp
Web: http://pandastudio.tv/


プロジェクトの成功率UP【PMP資格】動画問題集~第2問 QC7つ道具 こちらの動画にてご覧いただけます。

【ミッション】

今、プロジェクトの定例のリーダ会議を行っている。
Aグループで幾つかのトラブルが発生し進捗遅延の恐れがあるとの報告があった。プロジ­ェクト・マネジャー(PM)のあなたは、この1週間に発生した問題とその根本原因を分­析し、原因から効果ある対策を速やかに策定するように指示した。
Aグループリーダはどんな手法を用いて作業を進めたらよいか。

【選択肢】
A 管理図と特性要因図
B 特性要因図とパレート図
C 散布図とパレート図
D 散布図と管理図

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【答え】

B 特性要因図とパレート図

【解説】
QC7つ道具とは・・
特性要因図、管理図、パレート図、ヒストグラム、フローチャート化、散布図、ラン・チャート。

選択肢はいずれもQCの7つ道具と言われている中の4つ。

・問題文に、効果ある対策を速やかに策定と指示がある。
最も影響の大きいトラブル、あるいは原因はどれかを知るのに、優先順位が視覚的に一目瞭然になるパレート図は有効。

・原因(要因)を特定するのに、管理図や特性要因図や散布図、その他を特性に合わせて使います。

・散布図は2変数の数値間の関連性を求めることが多いので、非数値の根本原因分析としては特性要因図の方が、適切です。

したがって、特性要因図とパレート図の組み合わせが良いとなります。

※この問題の、より詳しい解説は、この無料動画でご覧いただけます。

【PMP講座はこちらから】

講座詳細
http://bit.ly/2rgEzRF

講座サンプル動画
http://bit.ly/2pqe6id

講座の特徴

本講座修了で受験資格の一つ「35時間研修受講証明書」が得られる。・・・「PMP受験資格」の35時間講習に充当できる。学習履歴(映像・クイズ300題実施)と宿題提出の状況で、修了判定。

非常にわかり易く整理されており、頭に入りやすい。・・・初めて勉強される方にもおすすめ。

無料でPDFのテキストがついてくる!!
・・・プリントして講座を見ながら書き込みをすることができる。

PMP試験模擬問題300題付!!・・・PMP試験に向けて十分な量の問題も用意されている

PMP資格は何に役立つ?

・オリエンテーション プロジェクト・マネジメントを勉強すれば、 プロジェクトの成功・確率が高まる

・《資格※》として残せば、顧客の信頼が得られる 商談が有利に展開する。(※米国PMI認定PMP・情報処理技術者試験PM)

・プロジェクトマネジメントに関する資格のデファクト・スタンダードとして広く認知されており、IT・建設をはじめとする多くの業界にニーズがあります。

PMP®試験の難易度

合格率は60%程度なので、合格し易いかというと、そうでもありません
その理由としては、以下の二点。
・PMBOK®ガイドを理解していること。
・受験料の高さから記念受験者は少なく、ある程度学習を積んだ方が受験すること。

試験日程について

ほぼ毎日行われています。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ