iPadとCEREVO CAM live! でプレゼンをUst生中継する方法

CEREVO CAM live! を利用してみたところ、手元の映像などを簡単に撮影するのが便利だと思いましたので、早速試してみました。

撮影準備はこんな感じ。iPadに資料を写して、CEREVO CAM で撮影しています。

iPadの前にCEREVO CAM を立てています。

違う角度から

角度を変えて撮影

尚、CEREVO CAM は iPhoneの グネグネ iPhoneスタンド。iPad はそこら辺の雑誌ホルダーで立てています。

▼やってみた

映り込みを防止する

この時、iPadの画面に蛍光灯などが映り込むのが気になる場合があります。その場合、大人しく保護シールを貼ることを推奨しますが、こんな方法も可能です。

CEREVO CAM に・・・・


ダンボール


ドーン


とってもスネークな感じになりますが、これで映り込みの心配はありません。CEREVO CAMは、UST配信のSTART/STOPをWebから制御できるのでこれでも大丈夫です。(iPad側はループ動画にするとかなんとかする。)

▼Amazonでのご購入はこちら

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, iPadby.o.nakamura10 Comments2010.05.19
TAGS , , ,  
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。