世界初のUSTREAM配信対応デジカメ CEREVO CAM live! を試してみた。

世界初のUSTREAM配信対応デジカメ CEREVO CAM live が発売されたので早速試してみました。
まず、箱。ブルーのお洒落な箱です。


本体は↓こんな感じです。ファミコンのコントローラーもしくはゲームウォッチを連想させます。重さも軽いのでなかなかいい感じです(重量は117gとのこと)。尚、取説は縦長の紙に両面印刷1枚だけ。とっても取っ付き易くていいですね。
取説には購入直後はバッテリーが空だから2時間くらい充電しろ、的なことが書いてありますが、無視してUSB接続してそのまま使っていましたが、特段問題有りませんでした。(推奨しません)

本体


次は初期設定です。読み進めていきましょう。

設定画面。読み進めていきましょう


画面にURLが表示されるのですが、Web)CEREVO LIFE)への登録が必要です。
また、オンラインマニュアルも有りますので、そちらも参照すると良いと思います。
先程、取説が1枚と言いましたが、どうしてそんな事が可能かと言うと、カメラがWifiで何処に接続するか、Wifiに利用するSSIDやパスワード等の情報は一旦Webに入力します。そうすると先の画面でQRコードが表示され、そのQRコードをカメラに読み込ませると設定が完了する、という仕組みに成っているからなのです。最初は、戸惑いますが、よく考えればカメラのボタンとかでちまちま入力するより断然いいです。これは、目から鱗。
ちょっと戸惑うので、マニュアルを参照しながらがいいと思います。

 

QRコードを読み込ませたら設定完了です。

完了

 

ちなみに、Ustreamで配信したい場合は、先程のWeb(CEREVO LIFE)で、ライブストリーミングの設定を行います。(Ustのアカウントとかを登録します。)

ライブ配信の設定


こうするとCEREVOに接続して、そこからUstに接続するかのように思いますが、ライブ映像そのものは、カメラからUstに直接送られるそうなので、設定情報だけ読み込んでいるのでしょうか。

▼配信してみたところ

配信中


iPhoneと比較してみた動画はこちら 
(※Ustをyoutubeにアップしているので、2重にエンコードされています。参考程度に)
配信したものはこちら(準備中から録画しているので、14分ぐらい手動で進めて下さい。)

ポイント

CEREVO CAM はここがすごい!

  • 設定をいじれる(ホワイトバランス、晴れの日、曇の日、室内(蛍光灯)など)様々な状況に対応出来る。
  • これ1台でUstream配信がほぼ可能。(WiFi等必要です)
  • 公称3時間のバッテリーなので、出先でも安心。(充電は、USBに似てますが、CEREVO CAMの専用ケーブルのようです。)
  • 電話が掛かってこないので安心
  • Ustream配信したいだけなら、MicroSD入れなくてもいい。

画質をアップさせる方法については、こちら CEREVO CAM live! の画質がイイ!も参照下さい。

▼Amazonでのご購入はこちら

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura6 Comments2010.05.19
TAGS  
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。