登録販売者の就職先が順調に増えてますね!アフロ先生より

いつも言ってるとおり登録販売者の働き場所、拡大中ですな。

いつも言ってるとおりとは??こちら>>>
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=11907

ドラッグストア好調の背景には店舗数の増加がある。
都道府県別では、東京都が約1,700店舗で最も多くなっている。

ですから、登録販売者はまだまだ飽和しないんですよ。
自転車で5分以内の勤務先となると難しいかもしれませんがね笑

ドラッグストア好調の背景には店舗数の増加がある。17年度の店舗数は1万5,198店舗で、前年度比4.7%増となった。
都道府県別では、東京都が約1,700店舗で最も多くなっている。

『健康産業新聞』より一部抜粋しました。
▼詳細はこちらをご覧ください。
http://www.kenko-media.com/health_idst/archives/9766

2018年3月「試験問題の作成に関する手引き」の改定を受け、アフロ先生が今後の試験への影響、過去問で勉強する際の注意項目がわかるよう解説。受験生の不安を払拭する講座にパワーアップしました。

お申込みURL
● 2018年度版アフロ先生と学ぶ 登録販売者合格講座
 http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/
● アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座アドバンス
 http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1748/810/
● 2018年度版 アフロ先生と学ぶ登録販売者 超最短合格パック
 http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1763/812/

【講座名】

● 2018年度版アフロ先生と学ぶ 登録販売者合格講座
● アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座アドバンス
● 2018年度版 アフロ先生と学ぶ登録販売者 超最短合格パック

【サンプル講座】

【講座概要】

2018年3月「試験問題の作成に関する手引き」の改定を受け、アフロ先生が今後の試験への影響、過去問で勉強する際の注意項目がわかるよう解説。受験生の不安を払拭する講座にパワーアップしました。

【講師  岩堀禎広 プロフィール】

オクトエル代表 日本薬科大学 客員教授 薬剤師、薬学博士
明治薬科大学卒業後、国際薬学連盟、国際薬剤師連合、病院、調剤薬局等、さまざまな医療機関、教育機関の運営や企業経営に携わる。また、医歯看護美容にて教鞭をとり、多くの資格試験のテキストや教科書の制作に関わる。著書も多数。
主な著作に、
「何故患者は薬を飲まないか?」
「医療コミュニケーションスキルを学ぶ前に読む本」
「ピザ屋を呼んだら、そのまま帰すな!」
「アフロ先生と学ぶ 登録販売者合格テキスト」等がある。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.Kinugasa Noriko0 Comments2018.05.18
TAGS  
記事の投稿者
衣笠 徳子

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。