【第48回気象予報士試験合格体験談】本ばかりで勉強しない。スクールや、聞ける人に確認。

気象予報士講座

気象予報士講座

本日は、二人分の合格体験談です。
まずは、
山内さん。

「勉強きっかけ」

身近なもので分からないといやなタイプなので、
天気ってそういえば。どうして?という気持ちに。
大学では物理を勉強していた。思い出しながら勉強開始。

「難しかったこと」

前線の書き方。
どこまで引くのか。が分からなかった。
正解はない?自分の考えで書けばいいことに落ちつく。

「勉強時間」
・集中して勉強するのは苦手なので、YouTubeや本など、色々なもので勉強。飽きないようにした。
・通勤時間などの方が集中できた。

「参考図書」
・ひとりで学べる 気象予報士実技試験 完全 攻略テキスト&問題集 気象予報士試験対策研究会
最後のチェックで使用。天気記号など。
ラジオっぽいTV!1518(気象予報士合格体験談,山内さんのお話!)の全容はこちらから。
https://youtu.be/VFJbvbS10OM

次は、古田さん。
「試験回数」
41回から受験したので、7回。

「きっかけ」
小さいときから天気図が好きだった。
40才過ぎて急に思い出した。なぜか思い出せないが、、、、

「勉強のはじめかた」
通信教育で始めた。他のテキスト購入したり、講座を受けたりして3年ぐらい過ぎていきました。

「苦手」
熱力学(わりと入口)
佐々木先生のeラーニングを受講して理解する。

「勉強時間」
1日2,3時間(多くて)

「アドバイス」
独学中、わからないところは、人に聞いた方がいい。
スクールなり、聞ける人を見つけるなりした方がいいと思いました。

ラジオっぽいTV!1524(合格体験談!今日は古田さんのお話)の全容はこちらから。
https://youtu.be/uF15GLwW8o4

佐々木恭子先生によるラジオっぽいTV!は毎日更新されていて、勉強の励みになります。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2017.11.24
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。