読むeラーニングのご紹介【気象予報士講座】

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

てんコロ。気象予報士講座では、無料対策として「読むeラーニング」を展開しています。
是非一度、通勤時間など、隙間時間そして音は聞かずにという場面でご活用ください。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
【読むeラーニング】第3章大気の熱力学2〜その37〜「エマグラムで空気塊を持ち上げる」より。

「ところが、たぶん勉強した中にあったと思うんですけれども、実際の大気の中でですね、SSIが+3とかでも全然平気で対流が起こります。平気で積乱雲が対流が立って、積乱雲が発達します。そして激しい短時間強雲、落雷突風降雹というのが起こる訳です。雹なんていうのは上の気温にもよるんですけれども。なので、実際の大気ではですね、はっきり言ってプラスであろうが、+2℃+3℃であっても、これは安定だから安心ということにはならない訳ですね。なので、不安定な現象が起こる可能性は考えておかなければいけません。」

「なのでSSIっていうのはですね、こうやって実際に問題で出さなきゃいけないことはありますが、実際に天気図を見た時に「これは本当に安定って言っていいのかな?」「不安定現象を考えなければいけないのかな?」というところまで、指数は指数としてあくまで出しますけれども、そういうところまで考えないといけないというね、ちょっと深い指数なんですね。今の段階ではSSIをどうやって出すのかというのを、訓練するっていうのをやっておくと、実際の試験でも、一般分野でも専門分野でも実技の分野まで使えると、いうことですので、こちらも繰り返し勉強してください。」
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
「読むeラーニング」のページはこちらから。
http://bit.ly/2h86i33

eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.a.takeuchi0 Comments2017.09.21
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。