「雹が振るときはどのようなときなのか?」

第10章 中小規模の大気の運動2(梅雨期の集中豪雨)より

昨日は、東京の各地で雹(ひょう)が降りましたね。

「雹が振るときはどのようなときなのか?」

激しい短時間強雲、落雷突風降雹というのが起こる訳について、佐々木恭子先生の気象予報士講座をそのまま文字でご紹介している「読むeラーニング」にて無料公開しています。
こちら
http://tenki.elearning.co.jp/?p=5086
より詳しく気象について学ぶには、
eラーニング 気象予報士講座から
http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15
初学者や文系の方でもわかりやすい言葉で解説、先生の明るいキャラクターで、楽しく学べます。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.kobayashiseira0 Comments2017.07.19
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。