豪雨とは?荒木健太郎さんの動画紹介

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

梅雨が本格化してきましたが、たまに降ると、大雨になることが多い今日この頃です。
どういう雨を注意すべきか考えてみましょう。
本日は、豪雨に関して荒木健太郎さんの動画のご紹介です。

豪雨の定義(荒木流)
水害をもたらすもの。

「局地豪雨」気象庁でいう「局地的大雨」 

急に強く降り数十分の短時間に数十ミリ程度の雨量をもたらす雨

→都市型水害
短時間で発生する鉄砲水・低地浸水

「集中豪雨」
狭い範囲に数時間以上にわたる強い雨

→大規模水害
土砂災害・河川氾濫

「ゲリラ豪雨」
突然の発生・局地的
予測の難し豪雨

ゲリラ豪雨の功罪
<いいところ>なじみ深い用語で防災教育に有効
<悪いところ>豪雨の軽視につながる。
 通り雨も豪雨と呼ぶようになり、危険な状況が伝わらない可能性があるのではと、荒木さんは問題提起しています

動画の全容はこちらから。
https://youtu.be/tsRGRB1XqmU

たまに荒木さんも出現する!ラジオっぽいTV!は毎日更新しています。
佐々木恭子先生の気象予報士講座は、無料講座もたくさんあります。
是非一度、ご覧ください。
http://bit.ly/2t0v19O

佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!

<<佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!>>
佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングコンテンツ, プレスリリース, 新着情報by.a.takeuchi0 Comments2017.06.22
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。