熱帯低気圧の分類 気象予報士試験の用語チェック

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

本日は、佐々木恭子先生の気象予報士講座 第10章 中小規模の大気の運動2から
熱帯低気圧の分類です。記号も最大風速も覚えましょう!とのことです。

日本の分類  国際分類(WMO)      最大風速    
熱帯低気圧  TD (Tropical Depression)   17.2m/s未満  
台風     TS (Tropical Storm)     17.2~24.5m/s 
台風     STS(Severe Tropical Storm) 24.6~32.6m/s 
台風     T (Typhoon)      32.7m/s以上  

*熱帯低気圧→台風
熱帯や亜熱帯の海洋上で発生する低気圧を、熱帯低気圧と言います。
赤道より北で、東経100°~180°の間の北西太平洋域に発生した熱帯低気圧のうち、
最大風速が17.2m/s以上に達したもの
台風と言います。
つまり、熱帯低気圧は、台風の卵のようなものです。熱帯低気圧は、強さと大きさによってこのように分類されます。

佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!

<<佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!>>
佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2017.06.14
TAGS , ,  
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。