渦度の特徴【気象予報士の用語チェック】

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

本日の気象予報士の用語チェックは第7章大気力学2から「渦度の特徴」です。確認してみてください。

*渦度の特徴
渦度は、水平収束や発散がない限りは保存されて移動します。それを利用した天気図が、 500hPa天気図での渦度の追跡です。

対流圏の中層である500hPa付近は、水平収束や発散がほとんどなく、渦度がほぼ保存されて動きます。
これは500hPaの予想天気図です。詳しくはのちの講座で勉強しますが、ここではこの+とか-で表される数字に着目してください
ここで、表される +が正渦度で、-が負渦度です。
簡単に言うと、正渦度の極値が温帯低気圧などの擾乱に対応する渦なので、これを追跡することにより、
この後の低気圧の動向を把握することが できます。

→→佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。

単元ごとの購入も可能です!!
一度ご覧ください。

てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座
「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2017.04.12
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。