気象予報士試験合格体験談【ラジオっぽいTVより】

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

こんにちは。キバンインターナショナル武内です。本日は、第45回気象予報士試験Iさんの合格体験談です。

「動機」 
お天気に興味。

「合格までの道のり」
8回目で合格
学科は2回ずつぐらい受かっていた、、、
どっちかが必ず受かっていたので、続けることができた。

「苦労」
実技は全然わからなかった。

「学習時間」
4年間
次第に理解していった。

「工夫したこと」
●手作りボックス(温帯低気圧ボックス)を作り、 温帯低気圧の構造を鉛直方向に理解しようとした。
→→そうすることで立体で確認でき、作っている時には理解できている。
実技問題
最初は時間を気にして早く解くことを優先して、すべて間違えたりしていた。
ので反省し、一問ずつ、時間無制限で解いてみた。

なぜなら、佐々木先生の講義で、天気図の正しい見方を習いました。「試験問題を解くのではなく、天気図をしっかり読んでください。」という講義だったので、
問題を解くのではなく、まず天気図を分析してから問題を見ると、すぐ解けるという感じでした。

「おすすめ教材、方法」
●気象予報士かんたん合格テキスト
と気象庁のHPで方程式など検索(テキストにないものは)プリントアウトしてまとめ、バージョンアップしていく。
特に、専門分野には、有効だった。

●科学技術週間一般公開。気象研究所のお邪魔してきました。ミニ講座などやってました。専門を受ける方におすすめです。
気象観測測器を見られる!!日照計などテキストではわからなかったけど、実際見て理解できた。フィールドワーク的にお勉強。が楽しかった。

今年は平成29年4月17日(月)~4月23日(日)実施のようです。
詳細はこちらで確認してください。http://stw.mext.go.jp/index.html

今回のラジオっぽいTV!はこちらから視聴できます。
https://youtu.be/fYGg0heo4YU

いかがでしたでしょうか。何か皆様のヒントになれば幸いです。
ラジオっぽいTVは、毎日更新されていて、「気象予報士の勉強をする上で、勉強するべきところがわかってきたり、佐々木先生のお話が励みになったり」という効果があるようですよ。

サンプル講座

てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座
「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2017.03.24
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。