ボイラーのばね安全弁及び逃がし弁の調整及び試験について 【公表問題 平成26年後期】

2級ボイラー技士講座
http://elearning.co.jp/?page_id=9726

問 1 5 ボイラーのばね安全弁及び逃がし弁の調整及び試験について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 安全弁の調整ボルトを定められた位置に設定した後、ボイラー の圧力をゆっくり上昇させて安全弁を作動させ 、吹出し圧力及び吹止まり圧力を確認する。
(2) 安全弁が設定圧力になっても作動しない場合は、直ちにボイラーの圧力を設定圧力の 8 0%程度まで下げ、調整ボルトを締めて再度試験する。
(3) ボイラー本体に安全弁が 2 個ある場合は、1個を最高使用圧力以下で先に作動するよう に調整し、他を最高使用圧力の 3 %増以下で作動するように調整する。
(4) エコノマイザの逃がし弁(安全弁)は、ボイラー本体の安全弁より高い圧力に調整する。
(5) 最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合、各ボイラーの安全弁は、最高使用圧力の最も低いボイラーを基準に調整する。



2級ボイラー技士 講座

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングコンテンツby.中村ブログ投稿0 Comments2016.11.25
記事の投稿者
中村 ブログ投稿

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。