ボイラーの水面測定装置の取扱いについて 【公表問題 平成26年後期】

2級ボイラー技士講座
http://elearning.co.jp/?page_id=9726

問 1 3 ボイラーの水面測定装置の取扱いについて、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 運転開始時の水面計の機能試験は、点火前に残圧がない場合は、たき始めて蒸気圧力が上がり始めたときに行う。
(2) 水面計のコックを開くときは、ハンドルを管軸に対し直角方向にする。
(3) 水柱管の連絡管の途中にある止め弁は 、開閉を誤認しないように全開してハンドルを取り外しておく。
(4) 水柱管の水側連絡管は、水柱管に向かつて下がり勾配となる配管にする。
(5) 水側連絡管のスラッジを排出するため、水柱管下部の吹出し管により毎日 1回吹出しを行う。



2級ボイラー技士 講座

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングコンテンツby.中村ブログ投稿0 Comments2016.11.23
記事の投稿者
中村 ブログ投稿

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。