【登録販売者・理解度チェック】~医薬品等の分類についての組み合わせ問題

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座「第4章 薬機関係法規、制度」より

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座「第4章 薬機関係法規、制度」より

———————————————————————–
問題
医薬品の分類・使用法に関する次の記述の正誤について正しものの組み合わせはどれか。
———————————————————————–

a 一般用医薬品及び要指示医薬品は、あらかじめ定められた用途に基づき、適正使用することによって効果を発揮するものであり、使用者の判断の余地は少ない。

b 一般用医薬品とは人体に対する作用が緩和なものである。

C 要指導医薬品は、指定の期間を経過し、薬事・食品衛生審議会において、一般用医薬品として取り扱うことが適切であると認められたものについては、一般用医薬品に分類されます。

d 効能・効果の表現に関しては一般用医薬品では通常、診断疾患名(例えば胃炎・胃・十二支潰瘍等)で示される。

選択肢 1(a,b)  2(a,c)  3(b,d)  4(c,d)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<アフロ先生の解説をピックアップ!!>

———————————————————————–
解答
2番
———————————————————————–

a ○。

b ×。好きじゃないってのは嫌いだって意味ではありません。著しくないって言うのは緩和であるという意味ではありません。著しくないものでは正しいですけど緩和ではありません。

c ○。

d ×。これは一般用医薬品ではなくて医療用医薬品の説明ですね。なので一般用医薬品は通常の使用者が分かりやすいような説明で替えてありますので専門用語は使われていません。なのでこれはバツです。

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

・アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
( http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80 )の
第4章 薬機関係法規、制度「4-1薬機法の目的、医薬品の分類、取扱等」で、解説されています。

・講座の動画サンプル・詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/study/index.php?path=0&course_id=1763&sco_id=31751&package_id=812

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

[article_footer]

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 資格by.kobayashiseira0 Comments2017.03.06
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。