エアロゾル【気象予報士の用語チェック】

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

こんにちは。キバンインターナショナル武内です。
本日は、雲の生成過程から「エアロゾル」について、佐々木恭子先生の気象予報士講座からピックアップしています。試験での正誤問題などにも出題されていますので、確認してみてください。

「エアロゾル」

「雲ができるために必要な材料」
1、上昇気流(水蒸気を上空へ運ぶ役割として重要)
2、過飽和状態(雲粒の成長に不可欠な状態)
3、エアロゾル でした。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「エアロゾル」
エアロゾルは、 大気中に浮遊する微粒子です。
このエアロゾルが核となって水蒸気の凝結を助けるため、過飽和度が1%未満であっても雲粒が生成されるのです。
このようなエアロゾルを「凝結核」と言います。

しかし、なんでもかんでも凝結核になれるわけではありません。

凝結核は、

水に溶けやすいもの吸湿性がよいもの

比較的大きな粒子が凝結核になりえます。

水と親しみやすい性質のものがいいのです。

水蒸気分子が凝結核に接触すると、表面に吸着して凝結核の表面に水の膜が作られます。これが、本来空気中にはない水面となり凝結が進むのです。
また、水溶性の粒子は、凝結すると物質が融けて水溶液となるため、純粋な水よりも飽和水蒸気圧を小さくする作用があります。
これらの作用によって雲粒が生成されるのです。

凝結核となるのは、
波しぶきから水分が蒸発した海水の塩分の粒子や、
工場や自動車の排ガスからの汚染粒子などです。

雲粒は、水滴だけではなく氷の粒もあり、氷晶と言います。

エアロゾルのないキレイな大気中では、実は気温が氷点下になっても水滴はなかなか凍りません。0℃以下になっても凍らない水滴を、過冷却水滴と言います。
この過冷却水滴が自発的に凍るのは―30℃~ー40℃ぐらいで、やはりなかなか凍りません。
そこで、氷晶の核となるエアロゾルの存在が重要なのです。氷晶の核となるので「氷晶核」と言いますが、
過冷却水滴がこれに衝突したりして刺激を受けると、意外と高い温度ですぐ凍結して氷晶が生成されます。
氷晶核になるエアロゾルは、火山灰や黄砂、人工降雨に利用されたりするヨウ化銀などが、氷晶核になります。

~佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
単元ごとの購入も可能です!!
こちら(http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15)より視聴もできますのでぜひご覧ください。~

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2017.02.09
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。