「気象予報士」の試験を初めて勉強する方へ~受験者心得

「気象予報士」の試験を初めて勉強する方へ~受験者心得

 

【~その1~ まずは試験時期・申込時期を心得よ!】
「気象予報士」の試験は、8月末と1月末の年2回。

 

年に1回の試験と比べて、タイミング的に受験しやすい試験といえます。
おおむね、2ヶ月前から申込可能です。受験資格は制限がないので、どなたでも受験できます。
申込は、主催者「一般財団法人 気象業務支援センター」
Webサイト
http://www.jmbsc.or.jp/hp/cwfe/init.php
から、受験資料を入手した後、「郵送」か「持込」で行ないます。
受験資料は、試験の3ヶ月前くらいから配布開始になります。
※受験に関する情報は、必ず直接主催者HPでご確認お願い致します。

 


 

●気象予報士講座はこちらから
http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

●無料対策はこちらから
http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=3886

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングコンテンツby.o.nakamura0 Comments2017.02.07
TAGS  
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。