【ニュースで言う「熱帯低気圧に変わった。」って、どういうこと?】~佐々木恭子先生の講義より解説

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

今日のニュースで、「台風12号は熱帯低気圧に変わった。」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160905-00010002-wmap-soci より)と、ありました。

どういう意味を表すのでしょうか?

そもそも「熱帯低気圧」とは、
熱帯で発生する低気圧。発達すれば激しい風雨を伴い、日本など東アジアでは台風と言う。(google検索「熱帯低気圧」より引用)

佐々木先生の「気象予報士講座」によると、熱帯低気圧のうち最大風速が17.2m/s以上のものを台風というそうです。

つまり「台風が熱帯低気圧に変わった」とは、熱帯低気圧の最大風速が17.2m/s以下になったということでしょう。

でも、まだまだ局地的に激しい雷や雨が降るようで、気が抜けません。

気象情報のこまめなチェックが必要ですね。

生活に欠かせない、「気象予報」について勉強したい方は、
文系でもわかる!スマホで学習!のeラーニング「気象予報士講座」がお勧めです。

【eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」】

この講座では、本格的に自宅で「気象予報士」の資格勉強ができます。動画の試し見もできますよ。
講座のeラーニング講座詳細・動画サンプルはこちらから
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/259/52/

試験対策情報満載!!【気象予報士講座専用サイト】

header_logo_02
http://tenki.elearning.co.jp/

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 資格by.kobayashiseira0 Comments2016.09.05
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。