偽アルドステロン症【理解度チェック】~登録販売者を目指す方へ

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

【理解度チェック】は、
アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」の講義の内容が理解できているかチェックするコーナーです。
問題の解説も、アフロ先生の講義よりピックアップしていますので、講義の復習に最適です!!
是非併用してご活用してください。

今回は、「第2章 人体の働きと医薬品(2-1副作用 偽アルドステロン症」の内容より出題します。

————————————————————————————————–
問題
「偽アルドステロン症」に関する記述で正しいものを1つ選べ。
————————————————————————————————–

1 体内にナトリウムと脂肪が貯留し、体内からカリウムが喪失することに伴う症状である。

2 副腎皮質からアルドステロン分泌が増加することによる

3 体格の大柄な人や小児において生じやすいとされている。

4 病態が進行すると、筋肉低下、直立不能、歩行困難、痙攣等を生じる。

↓↓↓

————————————————————————————————–
答え 4番。
————————————————————————————————–
1、×。体内に貯留するのは、ナトリウムと脂肪ではなく、ナトリウムと水分です。
2、×。これは、アルドステロン症の話です。「偽アルドステロン症」の話としては×。
3、×。小柄や人や高齢者に生じやすいので×。
そうするともう最後○って分かっちゃうんですけど確認しますよ。
4、○。

~いかがでしたでしょうか。講座を見たら、問題を解くこを繰り返すことが知識の定着につながります。ぜひ理解度チェックコーナーをご活用ください~

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
( http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/ )の
第2章「2-1副作用 偽アルドステロン症」で、解説されています。

講座のサンプル・詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 資格by.kobayashiseira0 Comments2016.08.21
TAGS  
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。