アレルギーとは?【用語チェック】~登録販売者勉強中の方へ

アレルギー反応起こしたら基本的に薬の使用は(特に一般用医薬品は)中止する必要がある

アレルギー反応起こしたら、基本的に薬の使用は(特に一般用医薬品は)中止する必要がある

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

登録販売者の勉強は、薬の成分や病気などの用語まで、様々出てきます。

eラーニングアフロ先生と学ぶ登録販売者合格講座の中から

出てくる用語の意味を、ご紹介していきます。今回は、「アレルギー」です。

アレルギーとは?

  • 体の各部位に生じる炎症をアレルギー症状という。
  • 免疫は、本来、細菌やウイルスなどが人体に取り込まれたとき、人体を防御するために生じる反応だが、免疫機構が過敏に反応して、好ましくない症状が引き起こされることがあります、これがアレルギー。
  • アレルギーは、一般的にあらゆる物質によって起こり得るものです。
    薬理作用によって起こる副作用と、アレルギーによる副作用は別物だというふうに思ってください。
  • 「医薬品を使用してアレルギーを起こしたことがある人は、その原因となった医薬品の使用を避けること」が大事。
    アレルギー反応起こしたら基本的に(特に一般用医薬品は)中止ですからね、それがポイントです。

「eラーニング講座
2016年度版 アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座の特徴」

・時間がない人でも合格できるように、本当にたくさん出るところから順番に教えてくれる。ひっかけ問題も丁寧に解説。
・文系の人でも大丈夫なように、わかりやすい言葉や例に置き換えて、理解させてくれる。
・別売りのテキストと併用して、学習できる。
・合格保証・30日間返金保証あり。
・法人割引あり。

【お申込み・詳細ページ】

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座

http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

【eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。】

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。